« [AppleWatch旅] 第2回 岐阜ポタリング 1 | トップページ | 鶴舞公園でポケモンGO »

2016年7月25日 (月)

[AppleWatch旅] 第2回 岐阜ポタリング 2

岐阜公園で本を読んでいて、ふと顔を上げると金華山の頂上に岐阜城が見えます。双眼鏡を覗いたら、天守に人影がたくさん見えました。

Img_2709

公園のなかをウロウロしていたら茶店に「氷」の旗が揺れていて、気がついたら氷イチゴを頬張っておりました。「赤鰐」のリベンジです。プラスチックではなくガラスの器に金属スプーンがうれしい。食器は大事です。

Img_2706

岐阜公園から北上して長良川沿いを下ってみようと思ったのですが、河原に下りる道がありません。階段ならあるのですが自転車にはムリ。

Img_2711

仕方ないので長良川は諦めて、JR岐阜駅の南にある加納城跡に向かうことにしました。

Img_2712

橿森神社というのがありました。うーん、ここはどこかな?

Img_2713

この岐阜東通りというのをまっすぐ行って、名鉄加納駅を過ぎたら右折すればいい。

Img_2714

着いたところは加納公園。「加納城跡」の看板が立っていますが、残っているのは一部の石垣。そう、永く残るのは木ではなく石。ヨーロッパの古城のように、日本の城もすべて石造りにしていれば、もっと残っていただろうに。寺院だって落雷のたびに全焼しながら、なぜ日本建築は木を多用したのだろう? これは建築史を調べてみる必要がありそうです。

Img_2715

この公園の中心部は丸くて広〜い。こんもりと茂った大木の木陰にぽつんとベンチが置いてあって、とってもいい感じ。おまけに誰もいない。貸し切り。ベンチで本を開いて、ふと空を見上げると赤とんぼがたくさん飛んでる。夏だなぁ。

Img_2718

加納公園からすこし北上すればJR岐阜駅。南口にあるサカエパンに寄ったら「冷やしパンはじめました」という貼り紙。つられてフルーツデニッシュを買いました。が、冷たいのはフルーツのゼリー寄せであって、パンは冷たくない。これならアイスパンのほうがいいな。

Img_2720

帰宅してからツバメヤの本わらび餅をいただきました。折り詰めにきな粉が目一杯入ってて、わらび餅を掘り出しながら食べます。おいしい。たしかに、おいしいんだけど、感激するかというとそれほどじゃない。京都で有名なお店で日本庭園を見ながら食べたこともあるけれど、そもそもわらび餅に感激したことがない。他においしいものが山のようにあるせいなのか、わたしの味覚に問題があるのか。

それをいうなら五平餅もあちこちで食べたけれど、これも感激はありません。地元産のもち米を蒸して手間かけて焼いてタレをつけても、いまひとつピンとこないのです。

おいしいたこ焼きには感激するし、珈琲だっておいしいとうれしくなる。出町ふたばの豆餅と桜餅も特に感激はしなくても、京都に行けば食べたいし、食べれば幸せになれます。そう、世間の評価ではなく、自分が食べて幸せになれるかどうかが大事。要するに、食べ物には嗜好があるということなのでしょうね。

本わらび餅は、きな粉が大量に余ります。このきな粉は甘さ控えめです。近所でわらび餅を買ってきて投入するか、ヨーグルトのトッピングにするか、アイディア次第で活用してください。

「おいしい=しあわせ」方程式を信じているわたしにとって「いいところ」とは、おいしいものを食べられるところ。岐阜はいいところです。

今回も、ごちそうさまでした!

(おしまい)

« [AppleWatch旅] 第2回 岐阜ポタリング 1 | トップページ | 鶴舞公園でポケモンGO »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

Apple Watch」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [AppleWatch旅] 第2回 岐阜ポタリング 2:

« [AppleWatch旅] 第2回 岐阜ポタリング 1 | トップページ | 鶴舞公園でポケモンGO »