« 帰ってきたヒトラー (上) (ティムール・ヴェルメシュ) | トップページ | 先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます! 「鳥取環境大学」の森の人間動物行動学 (小林朋道) »

2016年6月21日 (火)

帰ってきたヒトラー (下) (ティムール・ヴェルメシュ)

帰ってきたヒトラー 下 (河出文庫)
帰ってきたヒトラー 下 』は、テレビやネットで有名人となったヒトラーの「怪」進撃が描かれます。ヒトラーとの会話はことごとく噛み合わず、失笑するしかありません。極右政党の党首でさえ、ヒトラーにかかれば一刀両断。こういうのを痛快だと感じてしまうのでしょうか。

19章 新聞の一面に載る
20章 謎の女
21章 〈ウサギ耳の犬〉という名のキツネ
22章 あなたはナチスなの?
23章 極右政党本部への突撃取材
24章 孤独なクリスマス
25章 検察に突き出されるぞ!
26章 〈ビルト〉紙への反撃
27章 〈ビルト〉紙の降伏
28章 グリメ賞の受賞
29章 真実
30章 彼が帰ってきた
31章 狂乱のオクトーバーフェスト
32章 陰謀の真相
33章 ネオナチの襲撃
34章 入院の顛末
35章 英雄の本
36章 また歩き出す

フィリピン然り、アメリカ然り、票が集まるということは人間的には魅力があるのかもしれませんが、その主張は狂気の沙汰に思える点が多々あって、他国のことながら心配になります。いつになったら人間同士で殺し合うのをやめるのでしょう?

そう考えると、復活したヒトラーに居場所などないと思うのはわたしだけでしょうか。

お勧め度:★★☆☆☆

« 帰ってきたヒトラー (上) (ティムール・ヴェルメシュ) | トップページ | 先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます! 「鳥取環境大学」の森の人間動物行動学 (小林朋道) »

戦争関連」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 帰ってきたヒトラー (上) (ティムール・ヴェルメシュ) | トップページ | 先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます! 「鳥取環境大学」の森の人間動物行動学 (小林朋道) »