« 自転車と旅 総集編 BICYCLE x TRIP (ブルーガイドグラフ) | トップページ | [名古屋カフェ] 高岳:テーラ・テール »

2016年6月13日 (月)

追い風ライダー (米津一成)

追い風ライダー (徳間文庫)
追い風ライダー 』は、自転車乗りが主人公の連作短編集。

1. 桜の木の下で(奥多摩大回りコース 90km)
2. キャットシッター(駒沢公園サイクリングコース 1.9km)
3. 旧友の自転車屋(荒川サイクリングロード 笹目橋->大宮運動場 15km)
4. 勇気の貯金(ランドヌールクラブ埼玉 チャレンジ霞ヶ浦 200km)
5. さとうきび畑(ツール・ド・おきなわ 市民210kmレース)

前半は、人間関係が煩わしくて、半ば読み飛ばしたけれど、後半になって面白くなってきました。というわけで「さとうきび畑」が気にいりました。

5編とも実在のコースらしい。「ブルベ」という走行イベントを初めて知りました。時間や順位を競わないとはいえ、走行距離は200km、300km、400km、600km…ですか。ラリーみたい。

息子たちが中学に上がったときに各々MTBを買って、ふたりでサイクリングに出かけたのですが、どうも長い距離は苦手なのです。気力が続かない。「バイクだったら」と思ってしまう。

そう、遠くへ行くならバイクがいい。MV AGUSTA BRUTALEが欲しい。仕上げの美しさだけでなくブレーキが秀逸。でも、大型バイクを買っても月に一度乗るかどうか。それくらいならレンタルで毎回バイクを替えたほうが面白い。

いまは自転車のほうが気楽に付き合える。遠くへ行きたいときは「輪行」すればいい。いま乗っているクロスバイクでとにかく一度輪行してみようか。お金をかけずに楽しむ方法を探します。

お勧め度:★★★☆☆

« 自転車と旅 総集編 BICYCLE x TRIP (ブルーガイドグラフ) | トップページ | [名古屋カフェ] 高岳:テーラ・テール »

旅行・地域」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自転車と旅 総集編 BICYCLE x TRIP (ブルーガイドグラフ) | トップページ | [名古屋カフェ] 高岳:テーラ・テール »