« 先生、子リスたちがイタチを攻撃しています! 鳥取環境大学の森の人間動物行動学 (小林朋道) | トップページ | [Apple Watch旅] 岐阜市をレンタサイクルでポタリング 1 »

2016年6月29日 (水)

国境 (黒川博行)

国境 (講談社文庫)
国境 』は「疫病神」シリーズ第2弾。建設コンサルタント業の二宮と暴力団幹部・桑原は、二蝶会の若頭から金をだまし取った詐欺師を追って北朝鮮へ!

疫病神 』を読んだときに「続けて次作も」と思ったのですが、830ページの厚さに引いてしまってそのまま。でも、先日図書館で見かけて「えいやっ」と手に取りました。

で、読み始めたら、面白くて止まらなくなりました。15年以上前の小説だし、そもそもフィクションだから、どこまでが本当なのかわかりませんが「北朝鮮ってそんなふうなんだ」と興味津々。二宮いわく「衝撃だった。ここまで悲惨な状況だとは思ってもみなかった。それでもなお、この国は“地上の楽園”なのか」。

北朝鮮で「焼肉」を食べるシーンが可笑しい。アヒルかと思ったら蛙だし、牛も豚も鶏なくて、あとはツブ貝とスズメ。いわく「ツブ貝に抵抗はないが、スズメはぞっとしない。碁石ほどの小さな頭に嘴がついている」。伏見稲荷神社の参道でスズメの焼き鳥を見たから「うん、わかる」。桑原の盛大な悪態が目に浮かぶようで笑えました。

本書を読み始めた翌日、岐阜をレンタサイクルでポタリング中、喫茶店や公園などで休憩するたび『国境』を読みふけり、1日で650ページ。せっかく岐阜にいながら脳内は北朝鮮でした。(苦笑)

お勧め度:★★★★★

桑原を見ていると「じゃりんこチエ」のテツを思い出します。粗暴、乱暴、でたらめなんだけど、麻雀が弱かったりと、どこか憎めないところがある。一方の二宮はどうにも煮え切らない、中途半端なキャラ。地獄に落ちそうで落ちない悪運の持ち主。ある意味、両極端だからウマが合う?のでしょうね。

« 先生、子リスたちがイタチを攻撃しています! 鳥取環境大学の森の人間動物行動学 (小林朋道) | トップページ | [Apple Watch旅] 岐阜市をレンタサイクルでポタリング 1 »

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 先生、子リスたちがイタチを攻撃しています! 鳥取環境大学の森の人間動物行動学 (小林朋道) | トップページ | [Apple Watch旅] 岐阜市をレンタサイクルでポタリング 1 »