« 貴婦人と一角獣 (トレイシー・シュヴァリエ) | トップページ | エチュード春一番 第一曲 小犬のプレリュード (萩原規子) »

2016年4月21日 (木)

魔法の色を知っているか? What Color is the Magic? (森博嗣)

魔法の色を知っているか? What Color is the Magic? (講談社タイガ)
魔法の色を知っているか? 』は、Wシリーズ第2弾。人間の寿命が飛躍的に伸びた反面、子供が生まれなくなった。一方、ウォーカロンという人造人間は、人間と区別がつかない。そんな時代。

人間とウォーカロンを識別する装置の開発者ハギリは、護衛のウグイとアナバネと共にチベットのナクチュ(実在します)に開かれる「人工生体技術に関するシンポジウム」に向かいます。

映画『ブレードランナー』を思い出します。レプリカントは寿命が設定されていましたが、ウォーカロンはどうなのでしょう。「人間」と同等なのでしょうか。

先日、大阪日本橋でソフトバンクのペッパーを初めて見ました。両手を動かしながらなにやらしゃべっていましたが「いかにもロボット」なので安心しました。鉄腕アトムでもドラえもんでもいい。

だけど、蝋人形館の人形が、人とおなじように動き、しゃべるのは勘弁してほしい。人形は人に似せるほど不気味になる。だからウォーカロンに生理的嫌悪感を感じないのか不思議です。

S&Mシリーズの真賀田四季博士が伏線になっているので、本書のまえにせめて『すべてがFになる 』を読んでおくことをお勧めします。

お勧め度:★★★★★

« 貴婦人と一角獣 (トレイシー・シュヴァリエ) | トップページ | エチュード春一番 第一曲 小犬のプレリュード (萩原規子) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 貴婦人と一角獣 (トレイシー・シュヴァリエ) | トップページ | エチュード春一番 第一曲 小犬のプレリュード (萩原規子) »