« [Apple Watch 旅] 大阪で文楽4月公演:妹背山婦女庭訓 | トップページ | 魔法の色を知っているか? What Color is the Magic? (森博嗣) »

2016年4月19日 (火)

貴婦人と一角獣 (トレイシー・シュヴァリエ)

貴婦人と一角獣 (白水Uブックス181)
貴婦人と一角獣 』は、6枚の連作タペストリー誕生の経緯を、貴婦人らの愛憎物語に絡めた物語。フィクションではあるけれど、実在するタペストリーにまつわる事実をつなぎ合わせ、想像力で空白を埋めたもの。15世紀末のフランスとベルギーの話なので、古臭く感じるかと思ったけれど、意外に面白かった。

パリ在住の貴族ジャン・ル・ヴィストがタペストリーを発注し、その絵師として雇われたニコラは腕は立つけれど傲慢で品性下劣。読んでいて不快だったけれど、彼ひとりが悪いわけでもなく、時代のせいなのか何なのか。

tapisly.jpg

6枚のタペストリーには《視覚》《聴覚》《味覚》《嗅覚》《触覚》《欲望》をテーマにしているというけれど、本書を読むと「後付けじゃないか」と思えてくる。首飾りを手にした貴婦人は、首飾りを「外したところ」なのか「付けようとしているところ」なのか、絵(織物)を見ただけではわかりません。その場の状況によって、どうにでもストーリーを作れるのではないでしょうか。

それこそ、作家の発想なのかもしれませんね。

お勧め度:★★★★☆

« [Apple Watch 旅] 大阪で文楽4月公演:妹背山婦女庭訓 | トップページ | 魔法の色を知っているか? What Color is the Magic? (森博嗣) »

文化・芸術」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« [Apple Watch 旅] 大阪で文楽4月公演:妹背山婦女庭訓 | トップページ | 魔法の色を知っているか? What Color is the Magic? (森博嗣) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ