« 魔法の色を知っているか? What Color is the Magic? (森博嗣) | トップページ | 若冲 (澤田瞳子) »

2016年4月23日 (土)

エチュード春一番 第一曲 小犬のプレリュード (萩原規子)

エチュード春一番 第一曲 小犬のプレリュード (講談社タイガ)
エチュード春一番 第一曲 小犬のプレリュード 』は、人間になろうとする神がパピヨンにとり憑いて渡来美綾の家にやってきた騒動記。

大学に入った美綾は幼馴染の有吉智佳と澤谷光秋のふたりに再会するのですが、バイクで事故死した同級生・香住健二の話になると微妙な空気が漂います。そして、智佳は「澤谷くんに香住くんの幽霊が憑いてる」と言い出して…。

好きな作家の新作なので読んでみたのですが、たいへんイライラする本でした。

「わしは八百万の神だ」と言うけれど「八百万」という名の神はいません。神であれば名があるはず。どうやら当面日本神話に触れるつもりはなく、超常現象として処理したいようです。紹介文に「超現実主義の神様」とあるけれど、それは主義の問題ではなく、存在自体が超現実。もう、ツッコむのも疲れます。でも、さすが神様は知能が高いようで(人間よりも)成長が楽しみです。

ラノベの主人公は鈍感だと相場が決まっていますが、それは男女を問わないようです。いくらお嬢様設定とはいえ、美綾にはイライラします。ジュブナイルだとしても、登場人物は大学生です。一体ターゲット(読者層)はどこなのでしょう?

この本そのものが「エチュード」なのかもしれません。

お勧め度:★☆☆☆☆

« 魔法の色を知っているか? What Color is the Magic? (森博嗣) | トップページ | 若冲 (澤田瞳子) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事

ライトノベル」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 魔法の色を知っているか? What Color is the Magic? (森博嗣) | トップページ | 若冲 (澤田瞳子) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ