« ジヴァルニーの食卓(原田マハ) | トップページ | 信長の肖像 (志野靖史) »

2016年3月10日 (木)

旅屋おかえり (原田マハ)

旅屋おかえり (集英社文庫)

旅屋おかえり 』は「ちょびっ旅」というレギュラー番組が打ち切りになり、旅行代行業を始めた「おかえり」こと丘えりかが主人公。

楽園のカンヴァス 』『ジヴェルニーの食卓 』と原田マハのアート小説を読んだあと、気軽に読めそうな本書を手に取った次第。秋田県角館へしだれ桜を見に行ったり、季節外れの雪が降るなか秘湯に泊まったり、重大なミッションを抱えて愛媛県内子町へ飛んだり…とても慌ただしいのですが、本人はいたって元気。

おかえりの素直さ、まっすぐさに救われます。

内子町に行ってみたくなりました。名古屋からだと(飛行機は高いから)新幹線で岡山まで行って、松山経由でしょうか。いつか時間ができたときの楽しみがひとつ増えました。

お勧め度:★★★☆☆

« ジヴァルニーの食卓(原田マハ) | トップページ | 信長の肖像 (志野靖史) »

旅行・地域」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジヴァルニーの食卓(原田マハ) | トップページ | 信長の肖像 (志野靖史) »