« 握る男 (原宏一) | トップページ | [Mac mini] デスクトップオーディオ構築作戦 »

2016年3月 2日 (水)

[iPhone] アドベンチャーゲーム LIFE LINE: Silent Night


Silent Night は LIFE LINE シリーズ第3弾。1作目の続編にあたります。

前作で見知らぬ衛星に不時着したタイラーは命からがら脱出したのですが、救出してくれたホワイトスター号に乗ったタイラーとまた通信がつながったのです。

IMG_2255.jpg

今度は無事地球に帰還できるかというと、そうは問屋が卸しません。トラブル続出で、一歩間違えると死んでしまいます。そう、あなたのアドバイスがタイラーの運命を握っているのです。責任重大です!

IMG_2258.jpg

LIFE LINEはiPhone (iOS) だけでなく、Apple Watchにも対応しています(上図)。タイラーが移動したり、作業中は待ち状態になり、再度話しかけてくると「通知」があります。手首やポケットでぷるぷる震えると「あ、たぶんタイラーね」。べつに放っておいても問題ないのですが、気になります。外ではスマホよりもウォッチをいじっているほうがかっこいいかも。でも、手首を上げたままにしていると疲れるんです。長時間は無理ですね。

プレイヤーに委ねられるのは二者択一。「どっちを選んでも同じじゃないか」という場合も多々あって、これが「アドベンチャーゲーム」なのかどうかについては議論の余地があります。ゲーム要素を加味したノベルだと思ったほうがいいかも。

ただ、その微妙な二者択一によってタイラーの運命が別れるので、ゲームオーバーになったあと、どこで間違えたのか調べるのが手間なんです。だから、ゲームだと思うと腹が立つ。試行錯誤そのものを楽しむようにしたほうがいい。

IMG_2274.jpg

毎度ふしぎに思うのが、タイラーが死にそうな窮地でもジョークを飛ばしてくること。ちょっとでも音を立てたら敵に気づかれるという場面でも通信は続くんです。この通信は音声ではなくテキスト(チャット)らしいのですが、それならなおさらタイラーはどうやって入力しているのでしょう? すごく気になります。

と、ツッコミどころ満載のLIFE LINEですが、たぶんタイラーとはまた会うことになるでしょう。そのときに彼の体験談を聞くのが楽しみです。

お勧め度:★★★★☆

« 握る男 (原宏一) | トップページ | [Mac mini] デスクトップオーディオ構築作戦 »

ゲーム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

Apple Watch」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 握る男 (原宏一) | トップページ | [Mac mini] デスクトップオーディオ構築作戦 »