« キネマの神様 (原田マハ) | トップページ | [Apple Watch 旅] 京都で長谷川等伯とモネに逢う »

2016年3月22日 (火)

[Apple Watch] もうすぐ1年

来月4月にはApple Watchが発売されて1年。Apple Watchは iPhone同様、毎日の生活になくてはならないアイテムになりました。

IMG_2286.jpg

これが普段わたしが使っている文字盤。時計としてはふつうなのですが、左上が充電レベル、左下が直近のスケジュール時刻、右下がアラーム時刻、右上がアクティビティです。このアラームは、音を消してあるので振動で伝えてくれるのが便利。目覚まし時計とちがって家族を起こす心配がありません。ただし、熟睡していると気づかないことがありますが。

メール、メッセージ、雨雲接近情報、交通情報など、知りたい情報は飛び込んでくるし、簡単に確認できるのがいい。ごそごそスマホを取り出すことなく、腕時計でピッピッと、なんてスマート! ただ、返信するために腕時計(Siri)に話しかけるのは、まだ恥ずかしい。

以前ご報告した「スクリーンショットが撮れない」件についてアップルに電話して引き取り修理をお願いした結果「異常なし」。最新の WatchOS2.1でたしかにちゃんと動作しています。どういうこと? でも、結果オーライ。お手数かけました。>アップル

そういえば修理依頼時にトラブルがありました。約束の日時に配送業者さんが引き取りに来ないからアップルにチャットで確認したところ「iPhoneとのペアリングが解除されていないため処理が進んでいません」。え、そんなこと聞いてません。

電話よりもチャットのほうが記録が残るし、cut & pasteで重要事項が飛んでくるから話が早い。電話よりも冷たい感じがするので、そこはお好みで選んでください。「わたしがきちんと対応しますのでご安心ください」って、対応マニュアルに書いてあるようですけど、その対応がトラブったときには逆宣伝です。

要するにペアリングを解除して、Apple Watchをまっさらの状態で預かりたいということなのでしょう。それはいいけれど、ペアリングされているかどうかがアップルは検知できているわけです。ちょっと怖い。

その修理期間中、手元にApple Watchがないので困りました。こういうときのために Apple Watch は複数持っておいたほうがいいかもしれません。第2弾のニューモデルが出るのが楽しみです。

« キネマの神様 (原田マハ) | トップページ | [Apple Watch 旅] 京都で長谷川等伯とモネに逢う »

iPhone」カテゴリの記事

Apple Watch」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キネマの神様 (原田マハ) | トップページ | [Apple Watch 旅] 京都で長谷川等伯とモネに逢う »