« [Apple Watch 旅] 京都で長谷川等伯とモネに逢う | トップページ | [Apple Watch 旅] 京都で珈琲と文楽をたのしむ 2 »

2016年3月26日 (土)

[Apple Watch 旅] 京都で珈琲と文楽をたのしむ 1

京都駅から市バスに乗って下鴨神社へ向かう途中、府立医大病院前バス停で文楽公演のポスターが目に飛び込んできました。開催日を見てびっくり。「それって今日じゃないですか!」

2年前、三浦しをんの『仏果を得ず 』を読んで文楽に興味を持ち「東京か大阪に行く機会があれば」と考えていたのですがタイミングが合わずにいたのです。それが、ふらっと訪れた京都で出会うなんて、これは運命かも。

iPhoneで検索したところ、会場は京都府立芸術文化会館。それって府立医大の向かい側。河原町通沿いのあそこだったのです。時間は13:30からと18:00からの2回。13:30は無理だから18:00-20:30のBプログラムが観たい。レンタサイクルは20:00までに返却だから、出町柳で返してから会場まで歩けばいい。15分くらいで着くだろう。

京都市美術館から本法寺への移動途中に芸術文化会館に寄ってみたら、Aプログラムは13:00開場と看板が立っているだけで、入口は閉まっています。人もいないので仕方なく電話したら、Bプログラムの当日券は17:30の開場と同時に発売するので、そのときに来てもらえればいいとのこと。「Bプログラムはまだ座席に余裕があるから大丈夫だと思いますよ」。当日券は4,500円とお高いけれど、このチャンスは逃せません。出町柳に17:00に戻ればいい。

IMG_23181.jpg

さて、次の目的地は千本釈迦堂(大報恩寺)。今出川通の上七軒を北に入ったところです。

IMG_2320.jpg

本堂内の柱には、応仁の乱の際についた槍や刀傷が残っている、京都市内最古の国宝建築物だとか。おかめ伝説のお寺として有名です。

さっきは通り過ぎたものの気になるお店があって上七軒交差点まで戻ります。「みたらしだんご」という暖簾をくぐると、おばあちゃんが内職のようにお団子を串に刺してます。「3本ください」というと奥から焼いたものを持ってきてくれます。はい、330円。

IMG_2325.jpg

うーん、温かいうちに食べたい。いつもなら京都御苑で休憩するのですが、ここまで来たら大徳寺にも寄りたい。Apple WatchのSiriに「大徳寺について教えて」。

IMG_2322.jpg

大徳寺には多くの塔頭があり、それぞれ個性的。今日は高桐院を訪れてみたい。

IMG_2333.jpg

ハッとする美しさ。これは外国人観光客にも感じてほしい。

IMG_2330.jpg

暗い室内から四角く切り取られた庭が明るく美しい。縁側でぼんやり過ごすのも贅沢な時間。

大徳寺境内の休憩所でみたらし団子をいただきました。たっぷりかかった餡はとっても素朴な味。昔から変わらないであろう甘さ。もちっとした団子が香ばしく焼いてあって、幼い頃に戻ったような気分です。下鴨神社そばの加茂みたらし茶屋のそれも上品で良いけれど、こちらの素朴さも捨て難い。

塔頭の庭園は心の栄養、お団子は体の栄養。京都でエネルギーを充電させてもらいます。

IMG_2328.jpg

大徳寺をあとにして、北大路通を鴨川の北大路橋西詰まで走ります。目的は WIFE&HUSBANDというカフェの珈琲。

IMG_2337.jpg

民家を改装した、アンティークに囲まれた、こじんまりとしたカフェです。

IMG_2338.jpg

ホットコーヒーは大きめのマグカップにたっぷり入って税別550円。やや深煎りでコクがあり、わたし好み。うん、美味しい。ご夫婦も気さくで気持ちがいい。狭いお店はすぐ満席になってしまうので、読書している場合でもなく、早々に「ごちそうさま」。また来ます。今度はピクニックバスケットで珈琲を持って鴨川でくつろぎたい。

(つづく)


« [Apple Watch 旅] 京都で長谷川等伯とモネに逢う | トップページ | [Apple Watch 旅] 京都で珈琲と文楽をたのしむ 2 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

Apple Watch」カテゴリの記事

文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« [Apple Watch 旅] 京都で長谷川等伯とモネに逢う | トップページ | [Apple Watch 旅] 京都で珈琲と文楽をたのしむ 2 »