« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

握る男 (原宏一)

握る男 (角川文庫) 握る男 』は食の世界の経済小説。『佳代のキッチン 』と同じ作者の作品ということで手にとってみました。握るのは鮨。だけでなく、ここではとても書けない、もっとすごいものを握る話です。

主人公は徳武光一郎。16歳の彼が両国の「つかさ鮨」に弟子入りしてから「食」の世界で成り上がっていく四半世紀の様子を、相棒の金森が語ります。ページ数のわりに文字が多くて読み疲れました。

目的に向かって邁進するのは結構ですけど「えげつないこと考えるなぁ」というのが実感。フィクションとはいえ「そんなに都合よくいくわけないだろ」とツッコミながら、結局「出る杭は打たれる」。

冒頭、いきなり刑務所から始まったのにはびっくり。なんだ、なんだ、一体なにがどうなったんだ? ということで読者の興味を引いて、というのは上手い。きっと「つかさ鮨」も旨いのでしょうね。

お勧め度:★★★☆☆

2016年2月27日 (土)

東京すみっこごはん (成田名璃子)

東京すみっこごはん (光文社文庫) 東京すみっこごはん 』は、商店街のはずれにある木造の古い一軒家。そこには「すみっこごはん」と看板がかかっているから食堂かと思ったら、どうやら共同台所らしい。その日集まった人たちがくじ引きで調理担当を決めて夕食を共に食べる場所。

年齢も性別も性格も、なにもかもバラバラな人たちの中に入った女子高生の楓は、レシピノートを見ながら、先輩に教えてもらいながら、台所に向かったのでしたが…。

じつは楓は、学校ではイジメに遭い、自宅では祖父と話しづらくなって、居場所を失っていたのです。とくに子供には居場所が大事。家庭と学校だけでなく、それ以外に「逃げ場所」がほしい。そうしないと精神的に自分を守りきれなくなることがある。そういう意味で「すみっこごはん」は面白い。

「この世界は大きな鍋で、人は昆布や鰹節みたいなものかもしれない。みんな、それぞれの味を出しながら、世界という一つの大きな味をつくって暮らしているのだ。」

みんなが参考にするレシピノートは誰が書いたのか。永久欠番の席は誰もものなのか。誰も知らない「すみっこごはん」の成り立ちがひとつの謎で、それを追っていくことで物語が感動のラストに向かいます。

お勧め度:★★★★★

2016年2月25日 (木)

食堂つばめ (矢崎存美)

食堂つばめ (ハルキ文庫 や 10-1) 食堂つばめ 』は『ぶたぶたシリーズ』の矢崎存美の新シリーズ。現在6巻まで出ています。

『ぶたぶたシリーズ』でも、食べ物が出てくるお話が好きなので「食堂」が舞台となれば期待大! ただ、食堂は「この世」にはないのです。

あの世とこの世の間というと「Angel Beats」を思い出すけれど、こちらは帰る(生き返る)こともできるらしい。主人公の柳井秀晴が、死にかけて迷い込んだ「街」でノエという女性に食べさせてもらった玉子サンドが忘れられず、食い意地が張っていたおかげで命拾いした。という漫画のような展開。

なぜか、繰り返し街を訪れることができるようになった秀晴は、ここに来た人(死んでしまった人)を連れ帰るようにノエから頼まれます。さて、秀晴の守備は如何に?

お勧め度:★★★☆☆

2016年2月23日 (火)

[Kindle Fire] 第5世代 Kindle Fire タブレット


iPhone5sで電子本を読む場合、テキストだけの小説などであればともかく、ページレイアウトが固定の雑誌などは文章を読むには都度拡大しなければならず面倒です。

自宅では Mac miniの23インチモニタで読めばいいのだけれど、外出先ではタブレットがほしい。iPad miniを次男に譲って以来、iPadもあれば便利だとは思いつつ、iPad Air2 Wi-Fi 64GBは64,800円、iPad mini4 Wi-Fi 64GB でも53,800円(ともに税別)するので、そこまで出す気になれずにいました。

そこへ、長男が英文の技術書を読むのにKindleを買ったら存外良いとのこと。たしかに厚くて重い技術書を持ち歩くのはむずかしいし、単語の意味も辞書機能で一発検索。

いちばん安いKindle Fire(第5世代)は7インチIPSディスプレイだから、7.9インチのiPad miniよりやや小さいくらい。Amazonプライム会員は、8,980円が4,000円引きの4,980円で買える。

5,000円のタブレットなんてオモチャみたいかもしれないと案じたのですが、意外とまともでした。ただ、起動直後のロック画面に宣伝が表示されます。このあたりがAmazonの顧客囲い込み端末たる部分でしょう。

IMG_2271.JPG

縦にすれば片手でなんとか持てるサイズ。重さは約300gだから、ふだんは気にならないけれど、横になって電子本を読むにはちょっと重い。小型タブレットは、文庫本程度の200gに収めるべきです。

問題はアクセサリーです。4,980円のタブレット本体に「保護フィルム ¥1,350」「Amazon純正合皮カバー ¥2,690 」は、わたしの経済感覚では高すぎます。アクセサリーは本体の10分の1以内に収めたい。予算は500円。そういうときは100円ショップです。

IMG_2268.JPG

ダイソーで見つけてきました。Kindle Fireにぴったりサイズのウレタンケースと、iPad用画面保護フィルム。フィルムは、カメラ用の丸穴に位置を合わせてカットしました。2点あわせて税込216円也。これでよいのです!

お勧め度:★★★☆☆


2016年2月21日 (日)

[Mac mini] Kindle for Mac で読書


雑誌PenをKindle版で購入したものの、iPhone5sで読むのはつらくて、iMacで読めないものかと調べたら Mac OS X のバージョンが古くて対応していませんでした。

pensc1.png

そこで、新しいMac mini の El Capitan でKindle for Macをダウンロード。上図のように読めました。が、23インチモニタでは実寸には及ばず、小さな文字もかろうじて読める程度。せめて27インチはほしいところです。モニタ選びをする方はご参考まで。

最初に読むのはデスクトップの広い画面で。旅先で「たしか、この近くに店があったはず」と記事を調べるときはスマホで。

別件ですが、最近ラズパイでオーディオサーバーを立てることに興味があって『Raspberry Pi 2対応「Raspi Audio」導入編』を読んでみたいものの Kindle版のみ。Kindle端末を持っていれば、月に一冊無料ダウンロード対象だとか。長男がKindleを買って便利だって言ってたから、試しに買ってみるかな。

2016年2月19日 (金)

マカン・マラン〜23時の夜食カフェ (古内一絵)

マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェ マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェ 』は、ドラァグクイーン(人前で演じる女装した男性)のシェールが営む隠れ家カフェが舞台。
  1. 春のキャセロール
  2. 金のお米パン
  3. 世界で一番女王なサラダ
  4. 大晦日のアドベントスープ

大柄な中年男の女装って怖そうだけど、その料理で空腹を満たすだけでなく、心も癒すシェール。

中日新聞の書評欄をみて、図書館で借りたのですが、書評氏とはちがって、わたしはこんな店があっても行ってみたいとは思いません。ドラァグクイーンの集団はコワい。(苦笑)

でも、小説としては面白かった!

最近『佳代のキッチン 』『ヤッさん 』『居酒屋ぼったくり 』など、食べ物小説に凝っています。

『佳代のキッチン』の賄いカレーは一部真似てみたし、クスクス入りミートボールも試してみました。『居酒屋ぼったくり』で紹介されているスパークリング日本酒「澪」も試してみたらおいしかった! そんなふうに「参考になる」小説が好きです。友人に言わせると「小説読んで試してみようと思うなんてスゴイ」。そうなんですか?

その点『マカン・マラン』の料理はちょっと真似しにくい。美味しそうだと思っても、自分で作ってみたいとは思えないのです。野菜中心のせいもあるかな?

そもそも、わたしは美味しいものが出てくる小説が好きなのです!

お勧め度:★★★★★

2016年2月17日 (水)

女神めし〜佳代のキッチン2 (原宏一)

女神めし 佳代のキッチン2 女神めし 佳代のキッチン2 』は『佳代のキッチン 』の続編。前作で「移動調理屋」を営みながら、失踪した両親の足跡を追って全国を旅してきた佳代が、心機一転、両親探しには区切りをつけ、あらためてキッチンワゴンで全国の漁港を巡ります。
  1. 港町へ(富山県氷見市)
  2. 女神めし(静岡県下田市)
  3. ミンガラーバー(千葉県船橋市)
  4. 砂浜の夢(広島県尾道市)
  5. ママンのブーレ(大分県大分市佐賀関)
  6. ツインテールの沙良(長崎県五島市福江町)

ラノベでは、各話でちょっとした事件や謎を解決したりしますが、そういうのに飽きた方には新鮮だと思います。佳代は旅先で出会った人との関わりを大切にします。その土地で調理屋として営業し(車中泊とはいえ)住まわせてもらうわけですから、地元の人たちの理解は欠かせません。

佳代のキッチンの紹介チラシには次のように書いてあります。

  • 食材さえ持参いただければ、いかようにも調理します。
  • 毎朝汲んだ地元の湧き水を調理に使っています。
  • お弁当メニュー「魚介めし」も、オススメです! 市場に出回らない地魚のダシでご飯を炊いて、 パンダンリーフで香りづけした、その土地でしか味わえないオリジナルな一品!
  • お手伝いさんも随時募集中! 調理屋の仕事に興味がある方限定、ただし薄給。

奇特なお手伝いさんの中から調理屋をやってくれる人を探すことも佳代の仕事のうち。引き継いでくれたなら、自分ば他所へ移動すればいい。明日はどこの旅の空やら。まるで「男はつらいよ」の寅さんみたい。

「一期一会」という言葉の本当の意味を教えてくれる小説です。

お勧め度:★★★★★

2016年2月15日 (月)

なれる! SE 14 世にも奇妙な?ビジネスアライアンス (夏海公司)

なれる!SE (14) 世にも奇妙な?ビジネスアライアンス (電撃文庫) なれる!SE (14) 世にも奇妙な?ビジネスアライアンス 』は、番外編の短編集。
  1. 世にも奇妙な?ビジネスアライアンス
  2. ガテン系?女子の幸せ獲得術
  3. 社長が働く日
  4. 立華ズ・ブートキャンプ

エピソード1では、以前工兵と次郎丸縁にプレゼン競争に負けたJT&W梅林が、閑職に追いやられ、やさぐれています。と、あるユーザの会議で偶然出会った次郎丸が「ビジネスの匂いがします」と言い出し、そのユーザの事情を探り、ニーズを掘り起こしたのですが…結果は、大笑いです。(失礼)

エピソード2では、ガテン系の薬院加奈子は学生時代の友人から合コンに(強引に)誘われ、そこで意外な人物と出会います。

エピソード3では、工兵の会社の社長・六本松が現場で大暴れ。「本当の敵は強い競合ではない。無能な同僚である」とは至言であります。

エピソード4では、毎日のように飲みに行っている工兵が突然「太った」ことに気づいて、同じような生活をしているのにスマートな立華に教えを請うお話。今時ビールのカロリーも知らずに飲んでいる人なんているのかしらん、というツッコミは置いといて…結果は、ご愁傷様です。

いやいや、意外に愉快な番外編でした。

お勧め度:★★★★★


2016年2月13日 (土)

バビロン I 女 (野崎まど)

バビロン 1 ―女― (講談社タイガ) バビロン 1 ―女― 』は、野崎まどの新シリーズ第1弾。野崎まどは「究極フェチ」。なんでも究極まで突き詰めてみせる。今回は「女」を突き詰めるのでしょうか?

舞台は東京地検特捜部。検事の名は正崎善。正しく善き哉。検事にぴったりの名前です。相棒の事務官もいるので、まるでTVドラマ『HERO』みたい。そう、正崎も巨悪と闘うのです。

ただ、TVドラマよりもとんでもない、異常な事件が起きます。

製薬会社と大学による臨床研究不正事件の強制捜査で押収した資料の中から出てきた1枚の紙。それはFという文字で真っ黒に塗りつぶされ、毛髪と血痕が貼り付いていたのです。探していた証拠ではないものの、気になった正崎は調査してみることにしました。

森博嗣の『すべてがFになる』を連想しますが、その「F」とは別物です。

まるで警察小説のようで、表紙のイメージに反して本格的。ただ、そこはラノベですから、クスッと笑える要素も盛り込んであります。

さて、正崎は「犯人」を捕えることができるでしょうか。続編が待ち遠しい!

お勧め度:★★★★★

2016年2月11日 (木)

iMacからMac mini への引越し 4


2016年になってiMacの買い替えが不可避だと悟った時、書店で見かけた月刊 Mac Fan 2016年2月号を買いました。「本当にいいMacソフト200」という特集だったので参考にさせてもらいました。
  • PhotoScape X(グラフィックツール)
  • CopyClip(カット&ペースト ユーティリティ)
  • MonoSnap(スクリーンショット ユーティリティ)
  • Skitch(写真加工ツール)
  • Pixlr(写真加工ツール)
  • VLC media player(メディアプレイヤー)
  • Wunderlist(タスク管理ツール)
  • BetterTouchTool(マルチタッチ ユーティリティ)
  • MacClean(クリーニングツール)

以上のツールを無料でインストールしました。どれくらい使うかは未知数ですが。

launchpad.png

複数のアプリケーションを1画面に広げたままでは使いづらいので「ミッションコントロール」で仮想画面を4つほど用意して、アプリごとに切り替えて使っています。

  misson.png

iMacでは、ミッションコントロール画面への切り替えをマウスのサイドボタンで行っていたのですが、マジックマウス2にはボタンがひとつしかありません。仕方なく「ホットスポット」の右上を登録したのですが、マウスカーソルの移動距離が長いので不便です。

そこで、先に紹介したBetterTouchToolを使ってみました。いろんなジェスチャーを登録できるのですが、自分の癖から誤動作することがあって、試行錯誤の末「3本指でクリック」に決定。このソフトをうまく使えば効率アップは間違いなし。と思ったのですが、これはこれで思わぬ誤作動をすることがあって、一長一短です。

マジックマウス2では、横スワイプもできるので便利。従来のマウスにタッチパッドの機能を持たせたもので、iPhoneやiPadの操作に近い。LaunchPadでの画面切り替えがiMac(ふつうのマウス)では面倒だったのが、マジックマウス2ならば(横スワイプできるので)簡単です。

Amazon MusicのPC版アプリもインストールしました。

amusic.png

iTunes同様、ミニプレイヤーにもできます。最近はジャック・ジョンソンがお気に入り。アコースティックサウンドが心地いい。尾崎亜美も懐かしくて聴いてます。"Air Kiss"は名盤です。

ただし、Mac mini とHDMI接続した EIZO FS2434-Rのスピーカーは音楽を聴くには向きません。まったく低音が出ないのでヘッドホンで聴いています。このモニタのスピーカーは「一応は音が出る」くらいに思ったほうがいい。小型でいいからアンプとスピーカーが欲しいなぁ。

スクリーンセーバーの中に「iTunes Artwork」というのがあって、アルバムカバーを画面いっぱいに並べてくれます。カーソルを重ねたアルバムにPlayマークが出るからクリックしたら再生が始まってビックリ!

新しいマシンは快適で気持ちいいし、発見もあって楽しい!

(おわり)

2016年2月 9日 (火)

iMacからMac mini への引越し 3


Mac miniとEIZO FS2434-Rを組み合わせた使用感。

画面サイズは1920x1080と、わたしにはこれだけあれば十分。モニタ表面がノングレア処理されているので見やすい。スタンドで高さや角度が調整できて便利。Amazon Videoも快適に視聴できますし、写真、グラフィックは十分きれいだけど、文字が今ひとつきれいじゃない。

今さらながら、iMacの完成度が高いことを痛感します。Retinaディスプレイはもちろん、そうでなくても iMacのディスプレイは高次元でバランスしています。今回のわたしのように、別モニタにするメリットがなければ、iMacを選ぶのが無難です。

macmini_dialog.png
Mac miniは、コンパクトな筐体に、ワイヤレスのキーボードとマウス、そして Wi-Fi。リビングPCにもぴったりでしょう。

次に、処理速度。

ふつうです。可もなく不可もなく。当たり前の処理が、当たり前の速度で動く。パソコン不調に悩まされていたわたしにはそれがすごく有難い。

パソコンの購入当初はサクサク動いていても、OSをバージョンアップするたびに重くなって、3回もバージョンアップしたらもう青色吐息。PCの旬は長くて3年でしょう。

次に、ちょっと驚いたこと。

1. Wi-Fi内蔵

デスクトップマシンだからイーサネットケーブルを挿すものだとばかり思っていたらWi-Fiも使えることがわかってビックリ。確かに便利です。ルータから1本だけケーブルを引いてあったので、当座iMacと2台同時接続にはハブが必要かと思っていたので Wi-Fiに救われました。

2. 位置情報サービス

こんな設定があるからGPSを内蔵しているのかと思ったら、Wi-Fiを使って位置情報を割り出しているようです。

3. 電源ランプと赤外線ポート

本体正面にある電源ランプが「スリープ」時に、ゆっくりと明るくなったり暗くなったりを繰り返すのです。こういう遊び心がアップルらしくていいですね。

赤外線ポートがあるということは、とiMac付属のリモコンを向けたらiTunesの再生がスタート。おぉ、使えるじゃないですか!(うれしい)

4. 電源ボタン

最初の起動時は、通電すれば立ち上がったのですが、自分でシャットダウンすると「どうやって立ち上げればいいの?」。裏に電源ボタンがあるのを知りませんでした。デザインが行き届きすぎて目につきません。

5. ライブ変換

ローマ字入力する端から自動で漢字に変換されていくのでビックリ。楽だといえば楽だけど「あ、そこは漢字じゃなくてカナにしておいてほしい」とか、文章にこだわる場合は逆に煩わしい。というわけで、わたしはOFFにしました。

(つづく)

2016年2月 7日 (日)

iMacからMac mini への引越し 2

Mac miniとモニタをHDMIケーブルでつないで、イーサネットケーブルを挿したら、電源ケーブルをつないで起動します。ただ、キーボードとマウスは小さなスライドスイッチの電源を入れただけで、当然ペアリングはできていません。

キーボードとマウスは(多少時間がかかりますが)自動接続。よくできてます。初期セットアップが済んで、無事デスクトップが表示されました。アップルストア名古屋でも見たエルキャピタン(ヨセミテ国立公園にある花崗岩の一枚岩)です。

IMG_2229.jpg

さて、ここからが本番。データの移行と、環境整備です。

iMacの「Time Machine」で外部HDDに取ってあるバックアップからリストアする方法もあるのでしょうが、やったことがないので、そこから必要に応じてファイルコピーすることにしました。

★ ブラウザ

私は Safari ではなく FireFox派。SyncをOnにすれば、ブックマークなどの設定がコピーされ、あっという間に移行完了。なんて、楽チンなんだ!

ひと昔前は、バックアップデータをコピーして、ちまちま再設定の繰り返しで大変だったのに、今はクラウドを活用すれば、マシンを交換しても、追加しても、同じ環境を簡単に維持できる。

反面、個人データをインターネットの荒野に野ざらしにする不安とリスクがあります。自分のデータなんて誰も興味ないだろうし、悪用されることなどないだろうというのは甘いと思います。個人情報は守りたいけれど、いつでもどこでもデータ共有できる便利さも享受したい。要はバランスの問題ですね。

★ メール

これは標準の「メール」を使います。iCloudで「共有」しても、一般のインターネットメールは再度アカウント登録しなければなりません。独自ドメインのメールアカウントが時々認証エラーを起こすのです。iMacではそんなことなかったのに何故? しばらく様子を見ます。

★ iTunes

バックアップHDDからiTunesデータのディレクトリをとりあえず書類フォルダにコピー。iTunesを起動後「メディアスキャン」というボタンを押したら、自動でデータを見つけて読み込みを始めました。なんて、楽チン。

ただし、登録日が全て同じになってしまったので、全曲「最近6ヶ月以内」になったのは参りました。それと、プレイリストがコピーされていない。手作業で再登録は面倒だなぁ。(要調査)

iPod時代に、せっせとCDライブラリを取り込んだけれど、今では Apple MusicやAmazon Musicでほぼ事足りるだけでなく、新曲も聴くことができます。なんだか複雑です。

★ 写真

iPhoneで撮影した写真をiCloud経由で共有すればOK。ただ、画像データ量がiCloudの容量を圧迫します。

★ ブログエディタ

このブログ運営に不可欠なツール。App Storeで検索しても見つからず、他に良さそうなツールがないか探したのですが見つかりません。みなさん、どうやって更新しているのでしょうか。スマホからですか? 私はiPhoneでブログ更新したくありません。あれで文章入力は避けたい。絶対にキーボードがいい。

ひょっとしたらと思い、iMacで使っていた ecto3をコピーしたら、ちゃんと動きました。2008年のアプリが最新OSで動作するってスゴイ。おかげで救われました。

ブログに画像を挿入するときは、写真アプリを開き、目的の写真を(一旦ファイルに落とすため)デスクトップにDrag&Drop。それをエディタ上に持ってくればいい。

以下、あとでわかったことです。
ecto3はApp Storeにはありませんが、インターネット上のサイトに今もあります。「システム環境設定」のセキュリティによって、インストールを制限されますが、設定を変更すればOKです。App Storeに登録されていないアプリケーションも多いようです。

★ メモ帳

最新のMac OS Xでは、これをやってみたかったのです。Mac mini上でデータを登録したら、iPhoneのメモ帳でも同様のデータが見えて感激。これで図書館で借りたい本の管理もスムーズになります。

(つづく)

2016年2月 5日 (金)

iMacからMac mini への引越し 1

ずっと前からiMacを買い替えたくて「次はMacBookがいいな」とは思っても「自宅で使うからiMacでもいいんだけど」と、なかなか踏ん切りがつかず、ずるずると丸8年。要するに「これが欲しい」という決め手に欠けていたのです。

ところが、年明けにiMacの容体が急変。カーソルがbusyのまま帰ってこなくなることが増え、実用にならなくなってきました。

そこへ長男がラズパイ(ラズベリーパイという安価なパソコン学習キット)に興味があるというので「機械いじり好き」の血が騒ぎ出し、調べてみると、本体は6,000円ほどで買えるけれど、それにつなぐキーボード、マウス、モニタが必要なのです。

キーボードとマウスくらいどうにでもなるけれど、問題はモニタです。iMacやMacbookでは映像の外部入力がないからダメ。別途モニタが必要になるMac miniならイケるじゃないか! というわけで、Mac mini(Late 2014) 2.6GHz Intel Core i5 / 8GB RAM / 1TB HDDモデルとEIZO FORIS 23.8インチTFTモニタ ( 1920×1080 / IPSパネル / 4.9ms / ノングレア ) FS2434-R を組み合わせることに決定しました。FS2434-RはHDMI端子が2系統あるので、ラズパイもつなぐことができます。

Mac miniを一番安いモデルにして、キーボードとマウスはiMacのものを流用すれば、全部で10万円に収めることもできたのですが、さすがに4GB RAMはつらいし、目が疲れにくいモニタにしたかったので15万円コースになってしまいました。結局iMacを買うのと変わりませんね。

IMG_2225.jpg

Mac miniといっしょにマジックキーボードとマジックマウス2も注文しました。Bluetoothは偉大です。無線は便利。ケーブルに煩わされないというメリット以外に、10 keyを省いたキーボードはコンパクトであること、マウスの表面を指でスワイプできるのは感激しました。これが Mac OSとiOSの融合(歩み寄り?)なのですね。

アップルストアに注文したMac miniと、アマゾンに注文したモニタが、運よく同時に届いたので早速セッティングに取りかかりました。

(つづく)


2016年2月 3日 (水)

ヤッさん 2 神楽坂のマリエ (原宏一)

ヤッさんII 神楽坂のマリエ (双葉文庫) ヤッさんII 神楽坂のマリエ 』は『ヤッさん』の続編。築地を中心に東京の食の仲介役として信頼されているヤッさんは、実はホームレスという異色「ロード」ノベルです。
  1. 神楽坂のマリエ
  2. ワールドSUSHI
  3. 夫婦蕎麦
  4. 片言のヨナス
  5. 一本釣りの清治
  6. チラシの手帳

前作で「社会復帰」したタカオに代わり、今回ヤッさんの弟子になるのが、神楽坂でカフェを開いたものの閉店に追い込まれ路上生活を余儀なくされてしまったマリエです。

展開としては、前作と同様なので安心して読むことができます。が、ノルウェー人のヨナスはどうも胡散臭い。ヤッさんの過去も少しずつ明らかになってきて、彼自身の今後がどうなっていくのか興味津々。

「この店をヤッさんが見たらどう言うだろう?」

そんなことを考えてみると飲食店めぐりも楽しめます。

お勧め度:★★★★☆

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »