« なれる! SE 14 世にも奇妙な?ビジネスアライアンス (夏海公司) | トップページ | マカン・マラン〜23時の夜食カフェ (古内一絵) »

2016年2月17日 (水)

女神めし〜佳代のキッチン2 (原宏一)

女神めし 佳代のキッチン2 女神めし 佳代のキッチン2 』は『佳代のキッチン 』の続編。前作で「移動調理屋」を営みながら、失踪した両親の足跡を追って全国を旅してきた佳代が、心機一転、両親探しには区切りをつけ、あらためてキッチンワゴンで全国の漁港を巡ります。
  1. 港町へ(富山県氷見市)
  2. 女神めし(静岡県下田市)
  3. ミンガラーバー(千葉県船橋市)
  4. 砂浜の夢(広島県尾道市)
  5. ママンのブーレ(大分県大分市佐賀関)
  6. ツインテールの沙良(長崎県五島市福江町)

ラノベでは、各話でちょっとした事件や謎を解決したりしますが、そういうのに飽きた方には新鮮だと思います。佳代は旅先で出会った人との関わりを大切にします。その土地で調理屋として営業し(車中泊とはいえ)住まわせてもらうわけですから、地元の人たちの理解は欠かせません。

佳代のキッチンの紹介チラシには次のように書いてあります。

  • 食材さえ持参いただければ、いかようにも調理します。
  • 毎朝汲んだ地元の湧き水を調理に使っています。
  • お弁当メニュー「魚介めし」も、オススメです! 市場に出回らない地魚のダシでご飯を炊いて、 パンダンリーフで香りづけした、その土地でしか味わえないオリジナルな一品!
  • お手伝いさんも随時募集中! 調理屋の仕事に興味がある方限定、ただし薄給。

奇特なお手伝いさんの中から調理屋をやってくれる人を探すことも佳代の仕事のうち。引き継いでくれたなら、自分ば他所へ移動すればいい。明日はどこの旅の空やら。まるで「男はつらいよ」の寅さんみたい。

「一期一会」という言葉の本当の意味を教えてくれる小説です。

お勧め度:★★★★★

« なれる! SE 14 世にも奇妙な?ビジネスアライアンス (夏海公司) | トップページ | マカン・マラン〜23時の夜食カフェ (古内一絵) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なれる! SE 14 世にも奇妙な?ビジネスアライアンス (夏海公司) | トップページ | マカン・マラン〜23時の夜食カフェ (古内一絵) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ