« [Apple Watch 旅] 養老鉄道 初詣サイクリング 1 | トップページ | 神様の御用人 4 (浅葉なつ) »

2016年1月18日 (月)

[Apple Watch 旅] 養老鉄道 初詣サイクリング 2

watch739.jpeg
1
watch740.jpeg
2
watch741.jpeg
3
watch742.jpeg
4
watch743.jpeg
5
watch748.png
6
watch744.jpeg  
7
watch745.jpeg
8
watch746.jpeg
9
watch747.jpeg
10

多度大社、おちょぼ稲荷と来て、最後に養老鉄道の終点・揖斐駅の北にある谷汲山華厳寺に行ってみることにしました。

揖斐駅から華厳寺までは約10km。お昼前後はバスがないので「電動アシスト自転車なら(バスがなくても)なんとか行けるかも」と思って電動車を借りたものの、揖斐駅発14:50のバスにちょうどよい時間になっていました。

しかし、そのバスに乗るには養老鉄道の大外羽駅13:40発の大垣行きに乗らねばなりません。おちょぼ稲荷から約9kmを30分で走れるか?

画像1のようにiPhoneのマップで目的地をセットして出発。あとは Apple Watch で、次の曲がり角までの距離を確かめながら、ひたすらペダルを漕ぎます。ハンドルを握っている時は画面が消え、手首を上げると画面が点灯するのは便利。

角を曲がるたびに Apple Watch を見るわけですが「1.3km 先で左方向」だけでなく、目的地までの距離も表示してほしい。あとどれだけ走ればいいのか知りたい。

ここで、試練が訪れました。

電動自転車のバッテリーが2台とも切れたのです。バッテリーが切れたら普通の自転車より重い分、たちが悪い。揖斐川を渡るのに坂を上ることになり「勘弁して〜」。

13:40に乗り遅れると、大体40分に1本しかないので、その後の計画はパァです。予定を変更して養老へ向かうか。でもバッテリー切れの自転車を漕いで? 脳裏を「次善の策」が駆け巡ります。

でも「最後まであきらめないぞ!」

腹を括ってベダルを漕ぎました。13:36になったとき、もうダメかと思ったのですが、それでも頑張って、線路が見えたのが13:38。駅はどこ? あ、あそこだ!

列車との競争に体力の限界を感じた頃、大外羽駅に到着。単線部分の無人駅です。自転車を押してホームに上がると同時に列車が入って来ました。間に合ってよかった〜。これも神仏のご加護か。

あとで気づいたのですが、列車の時間は13:42だったのを、わたしは13:40発だと思い込んでいたのです。あと2分遅かったら間に合わなかった。次男いわく「結果オーライだよ」。おっしゃるとおり。いい運動になりました。

地図を見るために一瞬でも立ち止まることはできなかった。iPhoneではなく、Apple Watch が道案内してくれたおかげで間に合ったのです。Apple Watchは自転車と相性がいい。

多度駅のレンタサイクルは、整備が行き届いているとは言えない(1台は変速できなかった)のと、平成22年製の電動車のバッテリーはせいぜい多度駅からおちょぼ稲荷への往復くらいしか保ちません。ご注意ください。

揖斐駅でレンタサイクルを返却して、駅舎(写真3)の外へ出ると、まったく人影がありません。バスの乗客はわたしたち以外にふたりだけ。運賃200円で大丈夫なのかなぁ。

25分ほどで谷汲山に到着。バス停のある駐車場から寺まで「徒歩10分」と看板があります。長い参道を、両側のお店を眺めながら歩いて行くと山門に着きます(写真5)。

Apple Watchのマップで見たのが画像6。岐阜市よりかなり北になります。西国三十三カ所満願霊場ということで、歴史のあるお寺のようです。杉木立に囲まれた本堂は雰囲気がありますが、ハートマークの入った灯籠に戸惑います。

季節がよければ、座ってゆっくり過ごしたいところですが、1月の午後4時ともなると寒い。帰りのバスの時間に合わせて戻る頃には、参道の屋台も店じまいしていました。(たい焼き食べそこねたぁ)

養老鉄道の桑名〜大垣間が約1時間、大垣〜揖斐間が約30分なので、いくらフリー切符があるとはいえ、桑名まで戻るよりも大垣からJRで名古屋へ戻ったほうが早い。(画像7)

豊橋行特別快速に乗って Apple Watch を充電しようとして、時計と充電器が離れないように持っているのも面倒なので、モバイルバッテリーを入れている任天堂ポーチに時計を留めました。(写真8)

写真9は、名古屋駅で買ったクラブハリエのバームクーヘン。前から気になっていたのですが、いつも行列で買えなかったのが今日は空いていたのです。ふわっと柔らかくて、口溶けがよく、フォンダン(砂糖衣)も薄くて甘すぎず、ちょうどいいアクセントになっています。15.9 x 15.9 x 5.7 cmで 1,080 円だから安くはありませんが、たまにはいいでしょう。おみやげ好適品です。ちなみに、クラブハリエって近江八幡市にあるんですね。

夕食は大垣でもよかったのですが、不案内だし、駅前は名古屋同様混雑しているだろうとスルー。結局、名古屋まで戻って、勝手知ったる店で塩ラーメンをいただきました。(写真10)

ラーメンはラーメン専門店がおいしい。中華料理屋さんのラーメンはいまひとつなことが多いような気がします。

そういえば、今回の「Apple Watch 旅」では、多度大社の甘酒しか買い食いができませんでした。食べたのは鰻の蒲焼きだけ。これはちょっと寂しい。道の駅「月見の里 南濃」にも寄ったのですが、果物やまんじゅうなど食指が動くものがありませんでした。

そもそも養老鉄道沿線は観光スポットがまばら。温泉も最後に入りたかったのですが、都合のよい場所になくて、養老は西に大きく外れているため寄ることすらできませんでした。養老鉄道サイクルトレインを利用しての観光は割り切りが大事。欲張らない方が賢明です。

念願のおちょぼ稲荷にお参りできたし、養老鉄道も端から端まで乗れたので満足です。

お勧め度:★★★☆☆

« [Apple Watch 旅] 養老鉄道 初詣サイクリング 1 | トップページ | 神様の御用人 4 (浅葉なつ) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

Apple Watch」カテゴリの記事