« [Apple Watch 旅] 養老鉄道 初詣サイクリング 2 | トップページ | 佳代のキッチン (原宏一) »

2016年1月20日 (水)

神様の御用人 4 (浅葉なつ)

神様の御用人 (4) (メディアワークス文庫) 神様の御用人 (4) 』では、神様の御用人見習いの良彦は、和歌山まで天道根命(あめのみちねのみこと)の御用を勤めに行きます。天道根命は神としての力が弱まり、過去の記憶が曖昧で、夢に現れては「忘れるな」と告げる女性が一体誰なのか調べてほしいと頼まれます。そのとき、その女性が挿していた簪(かんざし)を手がかりに、モフえもん(黄金)と供に調査するのですが…。

今回は一冊まるごと「天道根命」編なので読み応えがありました。大国主神(大国主命)が出雲から遊びに来て、良彦の部屋のベッドで漫画を読んでいるし、良彦も完全にタメ口なのが可笑しい。

古代史に興味のある方はぜひ!

お勧め度:★★★☆☆

« [Apple Watch 旅] 養老鉄道 初詣サイクリング 2 | トップページ | 佳代のキッチン (原宏一) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事

ライトノベル」カテゴリの記事