« [Apple Watch] 冬の御在所岳と湯の山温泉 2 | トップページ | 捏造の科学者 STAP細胞事件 (須田桃子) »

2015年12月28日 (月)

名探偵の呪縛 (東野圭吾)

名探偵の呪縛 (講談社文庫) 名探偵の呪縛 』は、図書館から別世界に紛れ込んだ主人公、探偵(金田一ならぬ)「天下一」の本格推理小説。

記念館の地下から盗掘されたお宝を探して出してほしい。そう、依頼された天下一。調査に赴く先で殺人事件が…。

その世界では「密室殺人」という概念がなく、現場に誰も出入りできない状態であれば自殺と断定する警察。なにかがおかしい。というか、なにかが足りない?

この街には過去や歴史がない。そう訊くと、カズオ・イシグロの『忘れられた巨人』を思い出しますが、おそらくそういう話じゃない。一方、この街を作った「クリエイター」伝説がある。

じきに盗まれたお宝が何かわかりますが、最後まで付き合いましょう。軽く、楽しく読めました。

お勧め度:★★★☆☆

« [Apple Watch] 冬の御在所岳と湯の山温泉 2 | トップページ | 捏造の科学者 STAP細胞事件 (須田桃子) »

ミステリー」カテゴリの記事