« [Apple Watch] 城山八幡宮と末森城跡 | トップページ | 白ゆき姫殺人事件 (湊かなえ) »

2015年12月 9日 (水)

廃都の女王 〜 グイン・サーガ 137 (五代ゆう)

廃都の女王―グイン・サーガ〈137〉 (ハヤカワ文庫JA) 廃都の女王 』では、パロは崩壊し、ケイロニアにも暗雲垂れ込め、ひたすら暗くて嫌気が差していたグイン・サーガに光が見えそうだったので、久しぶりに(図書館で借りずに)書店で購入しました。

スカールに賭けたわけですが、彼は期待に応えてくれました。これでグイン・サーガの読者を(当面は)辞めずに済みそうです。

スーティを守りながら黄昏の国を抜け、魔都フェラーラにたどり着いたスカールが、竜王軍により壊滅寸前の都を救うべく活躍する話がメインですが、黒魔導師ヴァレリウスの弟子アッシャの暴走事件と、最後に、新ミロク教の本拠地に乗り込んだブランのその後も描かれます、ちょっとだけ。「おい、それで終わりかよっ」。

わたしはグイン、スカール、ブランといった侠気のあるキャラが好み。一方、ヤンダル・ゾックやイシュトバーン、ゾンビさんのような化物たちは嫌い。宿敵認定です。おとなしく地獄に堕ちてください。(特にゾンビ)

元々、SF要素が組み込まれたファンタジーなのですが、本巻ではSFらしさが一瞬炸裂します。痛快です。

お勧め度:★★★★★

« [Apple Watch] 城山八幡宮と末森城跡 | トップページ | 白ゆき姫殺人事件 (湊かなえ) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事