« 千春の婚礼〜新・御宿かわせみ (平岩弓枝) | トップページ | [Apple Watch] 国宝 松本城 リベンジ »

2015年11月24日 (火)

最果てアーケード (小川洋子)

最果てアーケード (講談社文庫) 最果てアーケード 』は、使用済みの絵はがき、義眼、勲章、ドアノブ、レース(編み物)など、ふつうは売り物にならないような物を、それを求める人が来るのをじっと待っている商店街の日常を描きます。漫画の脚本として書き下ろしたそうです。
  1. 衣装係さん
  2. 百科事典少女
  3. 兎夫人
  4. 輪っか屋
  5. 紙店シスター
  6. ノブさん
  7. 勲章店の未亡人
  8. 遺髪レース
  9. 人さらいの時計
  10. フォークダンス発表会

アーケードの大家さんを父にもつ「わたし」は16歳。愛犬べべを連れて、お客さんに商品を届ける配達係をしています。

連作短編になっていて、最後は「輪っか屋」さんのドーナツのように完結してしまいます。

ひっそりと、ふしぎなアーケードです。

お勧め度:★★★★★

« 千春の婚礼〜新・御宿かわせみ (平岩弓枝) | トップページ | [Apple Watch] 国宝 松本城 リベンジ »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ