« イリスの炎 〜 グイン・サーガ 136 (宵野ゆめ) | トップページ | [Apple Watch] 岩村城跡と農村景観日本一 2 »

2015年11月 6日 (金)

[Apple Watch] 岩村城跡と農村景観日本一

watch542.jpeg
1
watch543.jpeg
2
watch545.jpeg
3
watch546.png
4
watch548.jpg
5
watch547.jpeg
6
watch549.jpeg
7
watch550.jpeg
8
watch551.jpeg
9
watch552.png
10
watch553.jpeg
11

郡上八幡城の次はどこへ行こうかと、ネットで岐阜県内のお城を調べていたら、岩村城が目につきました。「Y!乗換案内」で調べた経路が画像1。恵那で明知鉄道(写真2)に乗れば、千種から2時間弱。

明知鉄道には、テレビの撮影班が乗っていて、数名が岩村駅で下りて取材していました。早朝からご苦労さまです。

岩村駅(写真3)は寒い(画像4)。駅でレンタサイクルを借りられるのは9時だから、30分くらい待合室で本を読んでいるつもりだったのですが、じっと座っていると寒いんです。駅売店の人が見えたので声をかけてみたところ「先に手続きしましょう」。早めに自転車を借りることができました。電動アシスト自転車で、一日1,000円。まだ新しくてきれいです。

岩村城へは、自転車でも本丸近くの駐車場まで上がることができるそうですが、自転車で行くと自転車で帰らなければならず、歩いて登る道がどんなふうなのかがわかりません。ここは自分の足で歩いてみましょう。年老いて、思うように歩けなくなる前に、いろんなところを歩いて(できれば自転車がいいけど)みたい。

案内図によると、駅から東へ伸びる城下町(写真6)を抜けて、信号の先にある常夜灯の角で左折、歴史資料館(写真7)から800mの登山道(写真8)が始まっています。

300円で歴史資料館に入ると、岩村町の歴史がわかります。岩村城は鎌倉時代からあったというから、ずいぶん歴史があります。ただ、残念ながら天守はすでになく、歴史資料館のそばに太鼓櫓があるくらい。あとは標高717mに残る石垣です。

岩村城跡(写真9)には何もありませんが、ここに登って来る途中にも井戸がいくつもありました。水が豊富で、霧がよく出るため「霧ヶ城」と呼ばれたそうです。

Apple Watchで現在地を確認すると画像10。そう、ここは恵那市なんですね。

駐車場を見下ろすベンチでひと休み(写真11)。今日の文庫本は、小川洋子の『最果てアーケード 』です。

なんだか、ここの駐車場は見覚えがある。そうだ、ここは昔、クルマで来たことがある。こっちのほうへ走りに来て、案内板を見て立ち寄ってみたのです。早朝だったので、誰もいなかった。「なんだ、お城なんかないじゃないか」。今なら、石垣が素晴らしいというのが(すこしは)わかります。

たしかに、名古屋からであれば、クルマのほうが便利です。ただ、クルマだといちいち駐車場を探さないといけないし、渋滞の心配もある。高速道路を長時間運転すると眠くなるけれど、電車なら寝ていればいいからラクチン。もし寝ていても Apple Watch が(通知で)起こしてくれます。

クルマの場合と、公共交通機関+自転車の場合と、結局は一長一短なのですが、クルマを運転しなくてもいい、一人旅もいいものです。一人でなくてもいいのですが、家族と都合が合わないものでこうなってます。

ローカル線で注意すべきは帰りの時刻。明知鉄道なんて1時間に1本くらいしか走っていないから、乗り過ごすと面倒なことになります。ご注意あれ。

(つづく)

余談ですが、お年寄りが日帰り観光というと、観光バスのツアーが多いようです。「高野山に行ってきました」とお土産をいただいたので「奥の院はどうでした?」と訊いたら「バス2台の乗客をひとりのガイドさんが案内してくれたもので、どこがなにやら…」。要するに、付いて歩いただけで印象に残っていないのです。

わたしは、あとで「あそこにも寄っておけばよかった」と後悔したくないので、観光スポットとグルメスポットは事前にネットなどで調べておきます。京都や奈良などが特集されている雑誌(『サライ』など)を買うこともあります。レンタサイクルがあるかどうかも重要。自転車だったらどう走るか、コースも一応考えます。

あとは現地でもらう地図、案内図が貴重な情報源です。わからないことは現地の人に訊くのがいちばん。そういうときは「スマホで検索」なんて、無粋な真似はやめましょう。会話というコミュニケーション手段は強力な武器です。

バスツアーって、バスの中でお土産を売ってるんですって?「持ち歩かなくて済むから助かる」って、なるほど上手い商売です。わたしは、そんなツアーは遠慮したい。そもそも団体行動が苦手だから無理ですね。(苦笑)

« イリスの炎 〜 グイン・サーガ 136 (宵野ゆめ) | トップページ | [Apple Watch] 岩村城跡と農村景観日本一 2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

Apple Watch」カテゴリの記事