« [Apple Watch] 山上密教都市 高野山 | トップページ | 売国妃シルヴィア 〜 グイン・サーガ 134 (宵野ゆめ) »

2015年10月 5日 (月)

[Apple Watch] 山上密教都市 高野山 2

watch425.png
1
watch426.jpeg
2
watch427.jpeg
3
watch428.jpeg
4
watch429.jpeg
5
watch430.jpeg
6
watch431.jpeg
7
watch433.jpeg
8
watch432.jpeg
9
watch434.jpeg
10

金剛峰寺から金堂、根本大塔を経て、西にむかってテクテク歩いて大門に向かいます(画像1)。

おぉ、大門もデカイ(写真2)。iPhoneのカメラ画面に収まらないではないか。高野山はなんでもスケールがデカイ!

まだ昼前なのに、道路は渋滞、駐車場はどこも満車。「この季節ならバイクのほうがいいな」と思っていたのですが、片道1車線の道路ではバイクも思うように走れません。

大門の右側の仁王様を見ると、手に持っているのは「どっこいしょ」? いかん、ツボにハマってしまいました。(笑)

さて、駆け足ではありましたが、主なところは拝見しましたし、午後は天気が崩れるかもしれないので帰りましょう。

帰りのバスは「大門行き」ではなく「駅前行き」を探します。あまり本数が多くないので、回数券があっても使いにくいかも。

結局「弁天前」バス停まで歩きました。すべてのバスは「千手院橋」を通ります。戸惑わないように路線図は一度見ておいたほうがいいでしょう。

ケーブルカー(写真4)は、山麓よりも山上のほうが傾斜がきついということで、山上では水平な床面が、山麓では傾いていて、往路で乗り込んだときは(他の乗客も同様に)フラフラしました。

帰路、あべのハルカスに寄ろうかと思ったのですが、そのために乗換えが必要なのでパス。べつに高いところに上りたいわけではなく、一度「行ってみたい」だけ。

阪急石橋駅で、食べログの「現在地付近検索」したら(画像6)、タローパンが2位。商店街に昔からあるパン屋さんです。あとで寄ってみましょう。

遅くなったけれど、昼ごはん代わりに「阪急そば」の天ぷらうどん(写真7)。石橋や十三のお店では、学生時代、たいへんお世話になりました。特別旨いわけではないのですが、これがわたしにとって、大阪のうどん。懐かしい味です。

新しいタコ焼き屋さん(鉄板 将)が出来ていたのでチャレンジしてみました(写真8)。ほくほく、トロトロ、大きめのタコ焼きが6個で300円(写真9)。うれしいなぁ、これだから大阪は好き。

大阪人の血を引いているので、ものの値段は自分で付けます。お金が出せる出せないではなく、納得できるかどうか。価値観の問題なのです。

たこ焼きは今回ソース+マヨネーズ味にしてもらったけれど、生地の味からすると醤油のほうが旨いかも。次回はそうしよう。ただ、看板にある「池田風お好み焼き」もすごく気になる。大阪ではついつい粉ものが多くなります。

商店街の反対側に向かい、タローパンで4つ買いました(写真10)。菱形の「洋梨デニッシュ」が美味しい! サクっとした生地に、甘さ控えめのカスタードクリームが合う。洋梨の代わりにブルーベリーが載っているのもあります。パンを買うならコンビニではなく、ここで買いましょう。

食べ物の話をするなら、高野山で食べればいいのですが、なかなか観光地で食事をする気になれません。まずは混雑、次に値段。お味以前に、このダブルパンチには勝てません。あしからず。

わたしにとって、商店街といえば石橋商店街なのです。石橋駅にベタっと張り付いてて、剥がすに剥がせないっていう感じ。昔から変わらない店もあるけれど、入れ替わりもある。コンビニが割り込んでたりするけれど、間口が狭くて無理矢理な感じ。

生まれて初めて、この商店街の銭湯「平和温泉」に入りました。石けんやシャンプーは持参が原則。いかにも地元の銭湯という感じ。泡風呂が気持ちよくて、さっぱりしました。

高野山だけでなく、久しぶりの大阪を堪能しました。

お勧め度:★★★★☆

« [Apple Watch] 山上密教都市 高野山 | トップページ | 売国妃シルヴィア 〜 グイン・サーガ 134 (宵野ゆめ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

Apple Watch」カテゴリの記事