« いつか陽のあたる場所で (乃南アサ) | トップページ | [Apple Watch] 水の都の大垣城 2 »

2015年6月29日 (月)

[Apple Watch] 水の都の大垣城

watch182.png
1
watch181.png
2
watch183.jpeg
3
watch184.jpeg
4
watch185.jpeg
5
watch186.jpeg
6
watch187.jpeg
7
watch190.jpeg
8
watch188.png
9
watch189.png
10
watch191.jpeg
11
watch192.png
12
watch193.jpeg
13
watch195.jpeg
14

Apple Watch と iPhone5s を持った「ちいさな旅」も、京都、犬山城、岐阜城、名古屋城、小牧城、清洲城(清須城)に続いて、第7回「大垣城」までやって来ました。

名古屋から見ると大垣は岐阜のむこう。当然、電車です。今回はJR東海道本線を使います。朝いちばんは各駅停車しかないので40分かかりました(画像1)。

先日来、行方不明だったBluetoothイヤホンELECOM LBT-HPC11がバッグのポケットから出て来たので、車中では音楽を楽しむことにしました。実際にはiPhoneで再生しているのですが、音量調節や曲のスキップなどが手元のApple Watchでできる(画像2)のは便利です。

ただ、Bluetoothって iPhone と離れたわけでなくても音が途切れることがあります。おそらく電波の干渉が原因でしょう。電波の問題は高価な製品を買っても避けられないはず。有線ヘッドホンが確実なのですが、ケーブルがぶらぶらするのが嫌いなんです。それを我慢してまで音楽を聴きたいとは思わない。だからBluetoothでお手軽に楽しむことにします。

そういえば、先日訪れた「清洲城」が東海道本線から見えるはず。次が清洲駅だからiPhoneのカメラを準備して…手前の工場の陰から突然現れた清洲城を慌てて撮ったのが写真3です。意外と目立たないな。

午前7時前にJR大垣駅に到着。大垣城が開くのは9時だから、まだ2時間あります。公園でのんびり読書でもいいのですが、7時になったら駅構内のドトールコーヒーが開店するから、ここで本を読んでもいいかな。

いやいや、それじゃ大垣まで来た意味がない。というわけで、大垣駅南東にある市営清水駐車場へ向かいます。(なぜ?)

あ、これが大垣城の外堀だったという水門川ですか(写真4)。街角の案内板を見ると、赤い線が「美濃路」とあります。清洲城に行ったときに通った美濃路が大垣までつながっていたんですね。

その案内板の「現在地」の右下にあるP(駐車場)マークが清水駐車場。そこでレンタサイクルを借りました。台数が限られていますが無料です。大垣市のホームページで検索してください。

京都で「観光は自転車」に目覚めて以来、遊びに行った先でレンタサイクルを探すクセがつきました。クルマだといちいち駐車場を探さないといけないし、休日は渋滞するし、そもそもクルマに乗っていては土地の空気を感じることができません。わたしにとってクルマは物理的、精神的シェルターなので、それでいいのです。遠くに行きたいけれど、風を感じていたいときはバイクだし、近場なら自転車で頑張ります。歩くと体力の消耗が早くなるので、長く楽しむには体力を温存しなければならないのです。というのは建前で、要するにしんどいのはイヤ。

レンタサイクルで目指すは東、墨俣一夜城です。片道7kmだから30分で着くはず。往復で1時間。手頃なサイクリングです。ただ、片側1車線の道路の端っこを走るので、快適ではありません。おまけに揖斐川(写真6)を渡る都合上、ひたすらまっすぐ木曽川の手前まで走るだけ。

途中のセブンイレブンで「ドーナツはじめました」という貼り紙を見つけて全5種類セットを買いました(写真7)。墨俣でがんばって全部食べたけれどイマイチ。油のせいか胸焼けする。これならミスドのほうが美味しい。でも、わたしのお気に入りのドーナツは「宝塚ハードドーナツ」。これがテッパン。

というわけで、墨俣一夜城(資料館)に到着(写真8)。Cyclemeter ELITEによるルートマップは画像9のとおり。東西に移動したマップは横長画面で見たいと思ったのですが、このアプリは縦画面固定みたい。

移動距離が7.29kmで、バイクタイム(移動時間)が23:40だから、やはり30分ほどで着くでしょう。大垣城に来たなら墨俣まで足を伸ばしてみてはいかが?

墨俣一夜城の周囲は小規模ながら公園のようになっていて、千成瓢箪がいっぱい。実際、一夜で造ったのは砦であって城ではないとのこと。それでも敵を驚かせた機転と行動力は大したもの。秀吉にあやかりたい方はどうぞ!

空が晴れて暑くなってきたけれど、木陰はさわやか。人気もなくて静かなので、ベンチで黒川博之の『海の稜線』に没頭してしまい、気がついたら午前9時。そろそろ大垣城へ向かいましょう。画像12がApple Watchで見た現在地です。

突然ですが、珈琲が飲みたい。じつは往路でチェックしておいたのです。珈琲屋らんぷ(写真13)。民家風の建物と水が流れる庭園。名古屋のほうでも見たことがあるような気がするけれど、入った覚えはない。

機械式ドリップの「らんぷレギュラー」(380円)ではなく、手で淹れてくれる「らんぷスペシャルブレンド」(430円)を注文。お腹は空いていないのに、ついモーニングセットのエッグトーストをお願いしてしまいました。いえ、せっかくなのでお味をチェックしておきたいと思って。

ウェッジウッドのカップに入ったスペシャルブレンド(写真14)は、わたしの好みよりは軽めだけど「うん、美味しい」。清洲城の帰りに寄った「サクラ屋珈琲店」より確実に美味しい。おいしい珈琲でもてなそうという心意気が感じられます。エッグトーストも美味でした。お腹がちょっと苦しいけど。

さて、自転車で腹ごなし、と。

(つづく)

« いつか陽のあたる場所で (乃南アサ) | トップページ | [Apple Watch] 水の都の大垣城 2 »

iPhone」カテゴリの記事

Apple Watch」カテゴリの記事