« [iPhone] NAVITIME 電車からバスへ乗り継ぎ | トップページ | 女刑事音道貴子 花散る頃の殺人 (乃南アサ) »

2015年5月29日 (金)

凍える牙 (乃南アサ)

凍える牙 (新潮文庫) 凍える牙』は、音道貴子シリーズ第1弾。横山秀夫、佐々木嬢、誉田哲也、今野敏らの警察小説をいくつか読んできましたが、その中でも一番気に入りました。

「深夜のファミリーレストランで突如、男の身体が炎上した! 」っていうのは、東野圭吾のガリレオみたい。犯行手口は残忍で、主人公は、男社会である警察のなかで屈託を抱えて生きている。捜査ペアを組むことになった滝口は「女なんて」というのが態度に出ていてやりにくいったらありゃしない。貴子の孤独な闘いを応援したくなるのです。

「凍える牙」をもつ獣が、もうひとりの主人公。彼こそ「漢」です。決して思いを語ることはないけれど、目が語っている。かっこいいじゃないですか!

お勧め度:★★★★★

« [iPhone] NAVITIME 電車からバスへ乗り継ぎ | トップページ | 女刑事音道貴子 花散る頃の殺人 (乃南アサ) »

ミステリー」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ