« 自覚〜隠蔽捜査 5.5 (今野敏) | トップページ | [Apple Watch] Y!乗換案内と通勤タイマー »

2015年5月12日 (火)

疫病神 (黒川博行)

疫病神 (新潮文庫) 疫病神 』は、建設コンサルタント・二宮啓之と、二蝶会の桑原保彦の「疫病神コンビ」が、産業廃棄物処理場建設をめぐるトラブルに巻き込まれ、話をややこしくして、自分たちもひどい目に遭う物語。(笑)

金に目が眩んだヤクザやゼネコン幹部らが入り乱れ、悪い奴らが総出演。ヤクザの大阪弁は迫力満点。ただ、ちょっと違和感があるのは、文章になじみやすいように調整した結果かと。

二宮はカタギなんだけど、ヤクザとのパイプを持ってて、その縁で桑原と知り合うのです。桑原の行動原理は単純。すべては金。金のために働き、金で決着をつける。桑原より二宮のほうが度胸がいいこともあって、ふたりの駆け引きがおもしろい。決して仲良しではないし、互いに相手を疫病神だと思っているのだけれど、どこか惹かれるところがある。そんな感じ。
  1. 疫病神
  2. 国境
  3. 暗礁
  4. 螻蛄
  5. 破門

以上が、現在の「疫病神シリーズ」。警察小説と並行して読んでいると妙な気分になる。正義と悪の区別が曖昧になっていく。まさに紙一重、似てるんです。表から裏に転ぶのはカンタン。そう考えると、極道だとはっきりしている桑原のほうが安心できてしまう。

極道小説としては、浅田次郎の「プリズンホテル」シリーズを思い出しますが、あちらはユーモアがあって、まだ可愛げがあります。その点「疫病神」は、ヤクザの「しのぎ」の実際を垣間みるようで怖い。バイオレンスが苦手な方にはお勧めしません。

お勧め度:★★★★★

« 自覚〜隠蔽捜査 5.5 (今野敏) | トップページ | [Apple Watch] Y!乗換案内と通勤タイマー »

現代小説」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ