« 最も遠い銀河 1 冬 (白川道) | トップページ | なれる!SE 7 目からウロコの?客先常駐術 (夏海公司) »

2015年2月 6日 (金)

最も遠い銀河 2 春 (白川道)

最も遠い銀河〈2〉春 (幻冬舎文庫) 最も遠い銀河〈2〉春 』はシリーズ全4作中2巻目。

元刑事の渡誠一郎は、美里の身元を調べようと、李京愛が作ったペンダントから晴之を辿ろうとしている頃、晴之は恋人・茜の祖父が経営するサンライズ実業の「ホテル事業再建計画」の建築家候補として面接を受けていた。そこで選ばれて小樽に素晴らしいホテルを建てること。それが美里との約束だった。

切ない物語です。

「日陰に落ちた種子」である晴之は、美里や新宿時代の仲間・浩の希望だったし、李京愛もまた陽の当たる場所に出ようと必死で生きてきた。一方「日向に落ちた種子」の茜や、大学時代の同窓生・葛城と堀峰は社会的に恵まれているけれど、それが幸せだとは限らなくて…。

このままでは誰も幸せにはなれません。そう思うと余計に切ないのです。

お勧め度:★★★★★

« 最も遠い銀河 1 冬 (白川道) | トップページ | なれる!SE 7 目からウロコの?客先常駐術 (夏海公司) »

ミステリー」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ