« [iPhone] パズルゲーム Threes | トップページ | [iPhone] 週刊アスキー 定期購読 »

2015年1月10日 (土)

孤高のメス―外科医当麻鉄彦 1 (大鐘 稔彦 )

孤高のメス―外科医当麻鉄彦〈第1巻〉 (幻冬舎文庫)

2014-12-2519.02.08.jpg
孤高のメス―外科医当麻鉄彦〈第1巻〉 』は、iBooksストアで「シリーズ第1巻が無料」セールをしていたのをダウンロードしました。5冊あったうち、面白かったのが『孤高のメス』と『最も遠い銀河 』でした。

医療小説というと、いちばん好きなのは『神様のカルテ 』。でも、あれは内科医だから印象がソフト。切った張ったの外科医は派手になりがち。

しかし、本作の主人公・当麻鉄彦は臨床経験を積んで地域医療に貢献したいという強い意志をもつ、優秀な外科医。なにがいいって、性格がいい。それで勤務医としてやっていけるのかと心配になるほどのお人好し。見ているとハラハラするけれど、逆に目が離せません。

まず漫画が出て、それを小説化したものだそうですが、経緯はどうでもいいです。医療用語が飛び交うので意味不明な部分もありますが、そのあたりは飛ばし読みしても大丈夫。文庫で6巻まで出ています。

iBooksって、2年前にiPad miniで見たときには「読みづらいな」と思って以来、一度も使わず、もっぱらKindleだったのですが、フォントを小さくして背景をクリーム色にして(コントロールセンターで)画面を縦に固定したら、左の写真のように、ずいぶん読みやすくなりました。

わたしは、ページをめくるのではなく、横スクロールで読みます。読んだところまで、画面右上の「しおり」マークをタップしておけば、あとでページ位置を一覧で見ることができますし、文章の一部にマーカーで印をつけることもできます。

で、続巻を読みたいのですが、1冊540円とちょっと高い。文庫の古本なら1冊100円相場。それが、データ料がその値段というのは、経済的に支払えない金額ではありませんが、精神的に納得できない金額です。

読了後、譲渡も売却もできない電子本は「読む権利」を与えられるだけ。であれば、この場合1冊100円以上は出せません。たしかに、iPhoneにダウンロードしておけば、文庫本を持ち歩く必要はありませんし、読みたいときにいつでも読めるのは便利です。しかし「読む権利」は公立図書館で享受させていただきます。

お勧め度:★★★★★

電子本は「読みたいときにいつでも読める」と思っていたのですが、バッテリーが切れたらおしまい。バッテリーの残量を気にしながらでは読書に集中できません。やはり一長一短ですね。

また、電子本も楽曲同様「読み放題1ヶ月1,000円」というようになっていくのかもしれません。でも、そうなったときに印刷本は現在のCDとおなじ立場になるのでしょう。

« [iPhone] パズルゲーム Threes | トップページ | [iPhone] 週刊アスキー 定期購読 »

現代小説」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ