« 生徒会探偵キリカ 5 (杉井光) | トップページ | ぶたぶたの休日 (矢崎存美) »

2014年12月 3日 (水)

刑事ぶたぶた (矢崎存美)

刑事ぶたぶた (徳間文庫) 刑事ぶたぶた』はシリーズ第2弾。新人刑事の立川がついた上司は豚のぬいぐるみ!?

毎度おなじみの「自分の目を疑う」から始まって「どうしてみんな平気で話してるんだろう」という疑問。赤ちゃん誘拐事件を背景に、銀行強盗人質事件も起こって…。

最後までどうにも馴染めなかった、刑事のぶたぶた。刑事なんて似合わないし務まらないし、赤ちゃん誘拐に対する警察の対応もおかしい。これは警察小説ではなく、ファンタジー小説なのでリアリティを求めているわけでないのですが、わたしには残念ながら違和感だけが残りました。

お勧め度:★☆☆☆☆

« 生徒会探偵キリカ 5 (杉井光) | トップページ | ぶたぶたの休日 (矢崎存美) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ