« 天地雷動 (伊東潤) | トップページ | 顔 FACE (横山秀夫) »

2014年11月17日 (月)

動機 (横山秀夫)

動機 (文春文庫) 動機』は、横山秀夫のD県警シリーズ第3弾。
  1. 動機
  2. 逆転の夏
  3. ネタ元
  4. 密室の人

1話は、警察署内で保管していた30冊の警察手帳が盗まれた。警察内部の反抗が疑われたが動機がわからない。一体が誰が何のために?

2話は、強姦殺人の罪で服役した男が働きながら、別れた妻と顔も見たことのない我が子に仕送りしているところへ、とんでもない依頼が…。

3話は、ジリ貧の地方新聞の女性記者が、周囲からの重圧に苦しみながら新しいネタを探しまわっていると…。

4話は、ある裁判官が公判中に居眠りをしてしまい、このままではマスコミに叩かれてキャリアを失ってしまう。

1話を除いて読むのが辛かった。人間不信に陥ります。

お勧め度:★☆☆☆☆

« 天地雷動 (伊東潤) | トップページ | 顔 FACE (横山秀夫) »

ミステリー」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ