« ぶたぶたの本屋さん (矢崎存美) | トップページ | ぶたぶた洋菓子店 (矢崎存美) »

2014年10月31日 (金)

ぶたぶた図書館 (矢崎存美)

ぶたぶた図書館 (光文社文庫) ぶたぶた図書館』は、山崎ぶたぶたという名のぬいぐるみがさらっと活躍するシリーズの第11弾(だと思う)。先日初めて読んだ『ぶたぶたの本屋さん』は第14弾。この2冊しか知らないのですが、気軽に読める、ハートウォーミングなお話です。

なにが面白いって、豚のぬいぐるみが動くのを見た人たちの反応。そこに尽きます。ありえないものを見た驚きと、本人がなにも疑問をもっていない自然な振る舞いとのギャップが愉快。書いている作者も楽しいだろうな。(締切は苦しいだろうけど)

現実には、そんなぬいぐるみが存在したらマスコミの取材攻撃を受けた挙句、研究所で解剖されそうですが、そこはライトファンタジー。軽く流すのがお約束。

今回は市立図書館での「ぬいぐるみおとまり会」を実施しようとする、本が大好きな中学生・雪音と、司書の寿美子、そして元カメラマンの間宮、寿美子の姉・彩子と娘の美帆。彼らがうまく絡み合って、ひとつの物語を作っていきます。構成がなかなか上手いです。

図書館が舞台だけに、いろんな本が紹介されています。『こんとあき 』なんてそのまんまだし『ぐりとぐら 』『いやいやえん 』『100万回生きたねこ 』『トマシーナ 』に『御家人斬九郎 』『月長石 』『うろんな客 』と盛りだくさん。

本に関する2冊を読んだので、今度は食べ物に関するものを読んでみようかな。

お勧め度:★★★★★

« ぶたぶたの本屋さん (矢崎存美) | トップページ | ぶたぶた洋菓子店 (矢崎存美) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事