« 野望の憑依者 (伊東潤) | トップページ | わたしを離さないで (カズオ・イシグロ) »

2014年10月21日 (火)

海王 (宮本昌孝)

海王 上 蒼波ノ太刀 (徳間文庫)

海王 中 潮流ノ太刀 (徳間文庫)

海王 下 解纜ノ太刀 (徳間文庫)
海王』は『剣豪将軍義輝』の続編。足利幕府第13代将軍足利義輝の遺児がいたという設定の時代小説。その名は「海王」(ハイワン)。明人メイファが母代わり、浮橋(フーチアオ)は従者として、ハイワンが武家に関わらぬよう、海の商人として育てます。九州の商家「神屋」のアゴ十郎とは幼なじみ。共に船で旅をして過ごしていたのですが…。

しばらくは商人としての海王を見られると思っていたのですが、いきなり武家社会に巻き込まれます。

本能寺で光秀が信長を討ち、光秀を討った秀吉が台頭、家康との暗闘が始まるなかで、海王は征夷大将軍となりうる「駒」として利用しようとされます。一方、義輝との真剣勝負を果たすことができなかった異形の剣士・熊鷹も海王を追ってきます。他にも、海賊崩れヂャオファロンや、仇討ち崩れ善鬼、南蛮剣士の魔怒など、主人公たちを引っ掻き回す悪役には事欠きません。

架空の人物「海王」を歴史の舞台に放ったらどうなるか。戦乱の世に人の運命とはどう転がっていくのか。なかなか興味深い小説です。

剣豪将軍義輝』の序盤で、初陣の義輝が出会った熊鷹が最後にどうなるのかは、この『海王』で明らかになります。

櫛挽道守』の主人公・登勢は、幼くして亡くなった弟が、自らの手による絵草紙で、実際の木曽の民話とは異なる、ハッピーエンドに書き換えていたことを「なぜ弟はそんなことをしたのか」。歴史は残酷です。本作同様、そうしないと救われないからではなかったのでしょうか。

お勧め度:★★★★☆

別シリーズですが『風魔』も気になります。

« 野望の憑依者 (伊東潤) | トップページ | わたしを離さないで (カズオ・イシグロ) »

時代小説」カテゴリの記事