« 米国人一家、おいしい東京を食べ尽くす (マシュー・アムスタ・バートン) | トップページ | ひなこまち (畠中恵) »

2014年9月16日 (火)

やなりいなり (畠中恵)

やなりいなり (新潮文庫) やなりいなり 』は「しゃばけ」シリーズ第10弾。
  1. こいしくて
  2. やなりいなり
  3. からかみなり
  4. 長崎屋のたまご
  5. あましょう

各章にひとつずつレシピがついています。小豆粥、やなり稲荷(寿司)、栄吉の揚出し芋、長崎屋特製ゆでたまご、お酒大好き妖の味噌漬け豆腐。なんだか「みをつくし料理帖」みたい。

ひさしぶりの「しゃばけ」シリーズは、とってものんびり、ほのぼの系時代小説。刺激を求めるのではなく、くつろぎたいときに向いています。

怖くない妖怪に会いたいときに読んでみてください。

お勧め度:★★★☆☆

« 米国人一家、おいしい東京を食べ尽くす (マシュー・アムスタ・バートン) | トップページ | ひなこまち (畠中恵) »

時代小説」カテゴリの記事