« 人質 (佐々木譲) | トップページ | ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 外伝南海漂流編 (柳井たくみ) »

2014年8月 5日 (火)

輝天炎上 (海堂尊)

輝天炎上 (角川文庫) 輝天炎上』は『螺鈿迷宮』の続編。そして『ケルベロスの肖像』をダブル留年医学生・天馬大吉から見たお話。う〜ん、暗い!

碧翠院桜宮病院が全焼し、桜宮一族は東城大学病院に対して恨みを残して死んだ…はずだったのですが、小百合かすみれのどちらかが生きている可能性がある。すみれと浅からぬ縁がある天馬は、ゼミの課題として「日本の死因究明制度」を調べるため関係者に取材を行っていくうちに核心に迫るのです。

天馬とコンビを組む優等生美少女・冷泉深雪が可愛い。天馬の幼なじみ・別宮葉子が登場すると怪しい空気が漂いますが、果たして恋に発展するのか。そして、
小百合は生きているのか!? 天馬はどうだっていいです。

後半になると『ケルベロスの肖像』と合流するので新鮮味はありません。新作というより「再放送」を見ているような既視感があって、つい飛ばし読みしてしまいます。

海堂尊はほぼ制覇したので、しばらく休みます。

お勧め度:★★☆☆☆

« 人質 (佐々木譲) | トップページ | ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 外伝南海漂流編 (柳井たくみ) »

現代小説」カテゴリの記事