« 前世への冒険〜ルネサンスの天才彫刻家を追って (森下典子) | トップページ | 河原町ルヴォワール (円居挽) »

2014年8月22日 (金)

植物図鑑 (有川浩)

植物図鑑 (幻冬舎文庫) 植物図鑑』は、野草摘みと料理のお話。問題は、その設定。「天空の城のラピュタ」で、少女が空から降ってくるなら、行き倒れたイケメンを拾ってもいいだろうって、なんじゃそりゃ!?

「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。噛みません。躾のできた良い子です」

「図書館戦争」のベタ甘を期待したわけではないのだけれど、26歳の独身OLと、野草フェチの料理上手な家政夫が同居するなら、これは恋愛ものでしょう。でも、どうにもあざとい感じがする。いかにも「こういうのがいいのでしょう?」みたいな。

それと「料理する」を「料る」っていうんです。それなら「調理する」は「調る」、「管理する」は「管る」、「審理する」は「審る」?

野草を「狩って」食べてみたい方にお勧めします。

お勧め度:★★☆☆☆

わたしは、お店に並んでいる野菜ですら「葉っぱ」や「草」に感じることがあるので、残念ながら野草は無理です。

« 前世への冒険〜ルネサンスの天才彫刻家を追って (森下典子) | トップページ | 河原町ルヴォワール (円居挽) »

ライトノベル」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ