« 新・御宿かわせみ 3〜花世の立春 (平岩弓枝) | トップページ | 黒書院の六兵衛 (浅田次郎) »

2014年8月31日 (日)

新・御宿かわせみ 4〜蘭陵王の恋 (平岩弓枝)

蘭陵王の恋―新・御宿かわせみ 蘭陵王の恋―新・御宿かわせみ』は「新・御宿かわせみ」シリーズ第4弾。
  1. イギリスから来た娘
  2. 麻太郎の友人
  3. 姨捨山幻想
  4. 西から来た母娘
  5. 殺人鬼
  6. 松前屋の事件
  7. 蘭陵王の恋
バーンズ診療所で働く麻太郎ですが「かわせみ」にも部屋を用意してもらっているらしく、いつ顔を出しても歓迎され、食事もできる。るいは、麻太郎に東吾の面影を見ているのです。しかし、それにしても甘やかし過ぎ。なにかと源太郎の世話を焼く長助も同様。

東吾が生きた江戸時代は剣技が身を助ける世界でしたが、維新後は武器を持たずに悪と闘うことになったという事情はあります。
しかし、麻太郎、源太郎ともお人好しで、後先考えないところがあります。麻太郎は、ふらっと現れた旧友を千春に会わせるようなことをしたのか。あまりにお粗末です。

でも、そうしないと千春はいつまで経っても嫁に行けず、つまりは麻太郎も嫁をもらえない。それは困るのでしょう。(だれが?)

やはり東吾がいないと、麻太郎では役不足です。るいだって可哀相。行方不明ということは戻って来る可能性もあるわけですから、ぜひ!

お勧め度:★★★★☆

« 新・御宿かわせみ 3〜花世の立春 (平岩弓枝) | トップページ | 黒書院の六兵衛 (浅田次郎) »

時代小説」カテゴリの記事