« 遙か凍土のカナン 3 石室の天使 (芝村 裕吏) | トップページ | 新・御宿かわせみ 3〜花世の立春 (平岩弓枝) »

2014年8月28日 (木)

新・御宿かわせみ 2 〜 華族夫人の忘れもの (平岩弓枝)

華族夫人の忘れもの―新・御宿かわせみ〈2〉 (文春文庫) 華族夫人の忘れもの―新・御宿かわせみ〈2〉』は『御宿かわせみ 』シリーズを34巻で終え、明治時代を描く新シリーズ第2弾。『新・御宿かわせみ 1 』は神林東吾が行方不明になったあとの「御宿かわせみ」が寂しく、どうもピンと来なかったのですが、久しぶりにココに戻ってくると、やはり心地いいんです。
  1. 華族夫人の忘れもの
  2. 士族の娘
  3. 牛鍋屋あんじゅ
  4. 麻太郎の休日
  5. 春風の殺人
  6. 西洋宿館の亡霊
見習い医師の神林麻太郎と、法律家志望の私立探偵・畝源太郎が、往診に出向いた先やら、花世に丸投げされたりしながら、巻き込まれた事件を解決していく物語。るいの娘・千春もすっかりかわせみの若女将が板についてきました。今後が楽しみです。

お勧め度:★★★★☆

« 遙か凍土のカナン 3 石室の天使 (芝村 裕吏) | トップページ | 新・御宿かわせみ 3〜花世の立春 (平岩弓枝) »

時代小説」カテゴリの記事