« 和菓子のアン (坂木司) | トップページ | 王妃の館 (浅田次郎) »

2014年7月13日 (日)

月島慕情 (浅田次郎)

月島慕情 (文春文庫) 月島慕情』は『鉄道員(ぽっぽや) 』の浅田次郎の短篇小説集。
  1. 月島慕情
  2. 供物
  3. 雪鰻
  4. インセクト
  5. 冬の星座
  6. めぐりあい
  7. シューシャインボーイ
気に入ったのは「月島慕情」「供物」「めぐりあい」「シューシャインボーイ」。最後の話はいつだったか読んだことがあります。泣かせる話が揃っていますから電車の中で読むのはお勧めしません。

浅田次郎って、歴史小説と現代小説の隙間を埋めてくれているような気がします。江戸でも平成でもなく、明治から大正時代の様子を、戦争を含めて、祖父母が生きた時代を彷彿とさせてくれるのです。

あとがきの前の「作者自身による自作解説」も興味深い。

お勧め度:★★★★☆

« 和菓子のアン (坂木司) | トップページ | 王妃の館 (浅田次郎) »

現代小説」カテゴリの記事