« ケルベロスの肖像 (海堂尊) | トップページ | 大日本サムライガール 8 (至道 流星) »

2014年7月21日 (月)

スリジエセンター 1991 (海堂尊)

スリジエセンター1991 スリジエセンター1991』は『ブラックペアン1988 』『ブレイズメス1990』に続く完結編。

最近気に入っている佐々木譲の北海道警シリーズも明るい話ではありませんが、それ以上にこのシリーズは暗く、読んでいて陰鬱な気分になります。

わたしが贔屓にしていた天才外科医・天城先生はさくらの花とともに散ってしまうし、東城大学病院の高階講師と藤原婦長も嫌いになってしまい、これではもう「田口・白鳥シリーズ」も楽しくありません。自壊シリーズです。

読んだことを後悔したのって生まれて初めてかもしれません。つぎは『輝天炎上 』を読むつもりで図書館で借りてきたけれど、やめておこうかなぁ。

« ケルベロスの肖像 (海堂尊) | トップページ | 大日本サムライガール 8 (至道 流星) »

現代小説」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ