« 見仏記 2 (いとうせいこう/みうらじゅん) | トップページ | 極北クレイマー (海堂尊) »

2014年4月15日 (火)

星間商事株式会社社史編纂室 (三浦しをん)

星間商事株式会社社史編纂室 (ちくま文庫) 星間商事株式会社社史編纂室』は、創立60周年記念として社史を発行する予定が流れて61年目に、社史編纂室で奮闘する川田幸代29歳が主人公。誰も顔を見たことがない部長を筆頭に、定時に出社したことがない本間課長、陽気な後輩のみっこ、「ヤリチン先輩」矢田、といった曲者ぞろい。しかし、幸代も会社では内緒にしていたものの、友人たちと同人誌を作っては毎回コミケに出展するという趣味を持っていたのです。ある日、そのことが課長にバレて…。

とにかくユルい職場ですが、社史を作るつもりはあるようで、幸代たちは退職者に取材をして回ります。ところが、昭和の高度成長期に穴がある。誰もが口を閉ざして語りたがらない「穴」。不審に思った幸代たちが密かに調査するあたり、ちょっとだけミステリーっぽい。

舟を編む』は、国語辞典編纂のお仕事小説ですが、こちらはエンタメ小説。仕事と恋に悩む女性たちの人間模様が描かれた一冊。会社勤めに疲れた方にお勧めします。

お勧め度:★★★★☆

« 見仏記 2 (いとうせいこう/みうらじゅん) | トップページ | 極北クレイマー (海堂尊) »

現代小説」カテゴリの記事