« 沈まぬ太陽 1 アフリカ編・上 (山崎豊子) | トップページ | 沈まぬ太陽 3 御巣鷹山編 (山崎豊子) »

2014年1月 7日 (火)

沈まぬ太陽 2 アフリカ編・下 (山崎豊子)

沈まぬ太陽〈2〉アフリカ篇(下) (新潮文庫) 労働組合委員長としてストライキを決行し「首相搭乗機を止めようとした」として執拗な報復人事に甘んじる恩地。パキスタンからイラン、ついにはアフリカ・ケニアへ。

「今後一切、労働組合活動はしない」と約せば日本に帰ることができるのに、恩地は「日本の組合でがんばっている者がいる限り、わたしが筋を曲げることはできない」。戦中、戦後の現役世代にはまだ「侍」がいたのかと感心したり、驚いたり。正義なんて決してかっこいいものじゃない。泥だらけ、傷だらけになる。

本書を執筆するのに、作者がどれだけの取材をしたのかを考えると気が遠くなります。恩地も忍耐づよいけれど、作者も負けていません。

お勧め度:★★★☆☆

« 沈まぬ太陽 1 アフリカ編・上 (山崎豊子) | トップページ | 沈まぬ太陽 3 御巣鷹山編 (山崎豊子) »

現代小説」カテゴリの記事