« ゲート 5 ―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 冥門編 (柳井たくみ) | トップページ | クリスマスのフロスト (R.D.ウィングフィールド) »

2014年1月31日 (金)

ソフロニア嬢 、空賊の秘宝を探る 英国空中学園譚 1 (ゲイル・キャリガー)

ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る (英国空中学園譚) 『アレクシア女史』シリーズのゲイル・キャリガーの新シリーズ。アレクシアの娘プルーデンスが主人公の物語を期待していたのですが、これはその25年ほど昔の話です。つまり、人狼や吸血鬼が人間と共存している19世紀ヴィクトリア朝の英国が舞台。

『アレクシア女史』を読んでいなくても全く問題はありませんが、いくつか聞いたことのある名前が出てくるのがおもしろい。

今回の主人公は、英国南西部で生まれ育ったお転婆な14歳ソフロニア・テミニック。母親と来客の会話をこっそり聞こうと配膳用エレベーターに乗り込んで大失敗。テミニック夫人は末娘ソフロニアを花嫁学校に入れることに決めたのです。しかし、その学校は礼儀作法を教えるだけでなく、スパイ養成学校でもあったのです。

冒頭「ソフロニアは、配膳用小型エレベーターを地下厨房からバーナクルグース夫人がお茶を飲んでいる一階の表に面した応接間の外に引き上げようと考えた」。一回読んだだけでは理解できず読み返す羽目に。作者も訳者も『アレクシア女史』と同じなのに、読みづらい文章があるのは何故?

細かいことは気にせずに読み進めると、ソフロニアの活躍(と失敗)が愉快でおもしろくなってきます。14歳のお転婆娘と空飛ぶスパイ学校なんて、スタジオ・ジブリのアニメにぴったりじゃないですか。

シリーズ第2巻『ソフロニア嬢、発明の礼儀作法を学ぶ』も出ているので読んでみます!

お勧め度:★★★★☆

原題は"Etiquette and Espionage "。直訳すると「礼儀とスパイ活動」。謎のお宝を巡る冒険譚ですが「空賊の秘宝」じゃない。それに本文では「空賊」ではなく「空盗賊」となっていて、タイトルが一人歩きしています。ちなみに第2巻は"Curtsies & Conspiracies"(挨拶と陰謀)。それぞれEとCで韻を踏んでて洒落てますね。

« ゲート 5 ―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 冥門編 (柳井たくみ) | トップページ | クリスマスのフロスト (R.D.ウィングフィールド) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事