« 旅のラゴス (筒井康隆) | トップページ | [iMac] Mac OS X 10.7 Lion アップデート »

2013年12月12日 (木)

アルケミスト―夢を旅した少年

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア) スペイン、アンダルシア地方の村で、両親と暮らしていた少年サンチャゴは、どうしても外の世界を見たくて羊飼いになりました。そして、羊飼いとして満足な暮らしができるようになった頃、自らをセイラムの王様メルキゼデックと名乗る男から「おまえの運命は、エジプトのピラミッドの近くにある 宝物を見つけることにある」と告げられたのです。悩んだ挙句、羊を手放し、海を渡った彼の前には広大な砂漠が横たわっていました。

面白いか、つまらないか。傑作か、駄作か。共感か、反感か。人によって評価が分かれそうな本です。休日の朝、近くのスターバックスでコーヒー片手に読み終えて、iPad mini のEvernoteで感想を書いてます。

文庫で200ページですから「星の王子さま」と匹敵するとも言われる寓話を読んで見てはいかがでしょうか。この物語を受け入れることができれば、あなたの人生を後押ししてくれることでしょう。

お勧め度:★★★★☆

« 旅のラゴス (筒井康隆) | トップページ | [iMac] Mac OS X 10.7 Lion アップデート »

現代小説」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ