« 『聖なる怠け者の冒険』にまつわる京都探訪+食べ歩き | トップページ | 真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫 (大沼紀子) »

2013年11月26日 (火)

フロム・ミー・トゥ・ユー 〜 東京バンドワゴン 8 (小路幸也)

フロム・ミー・トゥ・ユー (8) (東京バンドワゴン) 東京バンドワゴン第8巻。

7巻の「レディ・マドンナ」を読んでから1年以上経つので、登場人物の記憶が薄れてしまっていて、はじめのうちはピンと来なくて「こんなに退屈だったっけ?」。

それでも読み進めていくうちに、各登場人物の過去のエピソードがリアルに迫って来て楽しく読むことができました。
  1. 紺に交われば青くなる(堀田 紺)
  2. 散歩進んで意気上がる(堀田 すずみ)
  3. 忘れじの其の面影かな(木島 主水)
  4. 愛の花咲くこともある(脇坂 亜美)
  5. 縁もたけなわ味なもの(藤島 直也)
  6. 野良猫ロックンロール(鈴木 秋実)
  7. 会うは同居の始めかな(堀田 青)
  8. 研人とメリーの愛の歌(堀田 研人)
  9. 言わぬも花の娘ごころ(千葉 真奈美)
  10. 包丁いっぽん相身互い(甲 幸光)
  11. 忘れものはなんですか(堀田 サチ)

以上、11編の短篇集ですが、わたしは4章がいちばん気に入りました。

お勧め度:★★★★☆


« 『聖なる怠け者の冒険』にまつわる京都探訪+食べ歩き | トップページ | 真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫 (大沼紀子) »

現代小説」カテゴリの記事