« [iPad mini] アドベンチャーゲーム RUNAWAY: A Twist of Fate Part 1 第3章 | トップページ | スカーレット・ウィザード 5 (茅田砂胡) »

2013年9月26日 (木)

スカーレット・ウィザード 4 (茅田砂胡)

スカーレット・ウィザード〈4〉 (C・NOVELSファンタジア) ケリーを拉致したギリアス海賊団に反撃開始! 「やられたら倍返し」は池井戸潤の小説ですが、こちらは十倍くらいになって返ってきそう。ギリアスたちは無事では済まないでしょう。(お気の毒)

ケリーの相棒ダイアナが実はとんでもない速度を出せたり、ジャスミンの愛機クインビーがこれまたとんでもない武器を装備していたり、その都度、その場にいるメンバーは顎が外れたり、卒倒したり、なかなか愉快なリアクションを見せてくれるのですが、読者としては、それがどれくらい速いのか、それがどれくらいとんでもないのかが、なにせ空想世界のお話なので実感が湧きません。ですから、そんなに驚かれても共感できずおいてけぼり。

作者いわく、ジャスミンとケリーを「怪獣2匹」と呼ぶのはピッタリだと思いますが、現実離れもほどほどにしないと、長い説明を読まされた挙句、共感できないという悪循環に陥ります。SF的な仕掛けに頼らず、ダイアナがいるのですから「人間」について掘り下げたほうが面白いのではないでしょうか。(などと僭越なことを…)

お勧め度:★★☆☆☆

« [iPad mini] アドベンチャーゲーム RUNAWAY: A Twist of Fate Part 1 第3章 | トップページ | スカーレット・ウィザード 5 (茅田砂胡) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事

ライトノベル」カテゴリの記事