« ドラフィル! 3 竜ケ坂商店街オーケストラの革命 (美奈川 護) | トップページ | つめたいよるに (江國香織) »

2013年8月13日 (火)

東京タワー (江國香織)

東京タワー (新潮文庫) 図書館で作者名が目につき、手に取ってページを繰るうち「続きはうちに帰って読もう」。図書館の開架に残っている本は、人気がないか、発行から年を経ているかがほとんどなのですが、中には意外なヒット作があるのです。

東京タワーというと、首都高を走っていると忽然と現れるのが印象に残っています。地上から見上げることはあまりなかった。この物語は、東京タワーが見える街での、透と耕二という大学生の年上の女性との恋(不倫)の物語です。

透の相手は(母親から紹介された)年上の詩史。セレクトショップを経営する、透明感のある女性。透という名前ともイメージが重なって、お酒でいえばジントニックかな。

一方の耕二は、透を真似て年上の女性に手を出して失敗する。同年代の彼女もいるくせに泥沼化必至。お酒でいえばブラッディマリーか。

透と耕二の話が唐突に入れ替わり立ち代わり、読み手はふらふらと風に吹かれるが如く。とにかく軽いのがいい。たとえ修羅場でも「そりゃそうなるわな」と達観できます。

いちばんよかったのは、あとがきの最後で作者が「読みながら、あらまあ、と思っていただけたら嬉しいです」。なんだかほんわかしていて良いです。

お勧め度:★★★★☆

« ドラフィル! 3 竜ケ坂商店街オーケストラの革命 (美奈川 護) | トップページ | つめたいよるに (江國香織) »

現代小説」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ