« [iPad mini] Jules Verne's Return to Mysterious Island 2 HD その後 5 | トップページ | 親鸞・上 (五木寛之) »

2013年7月27日 (土)

『聖なる怠け者の冒険』と『親鸞』にまつわる京都探訪

                         
2013-07-2109.01.28.jpg
      
      2013-07-2108.49.11.jpg
      
      2013-07-2109.11.39.jpg
      
      2013-07-2110.20.53.jpg
      
      2013-07-2110.08.53.jpg
      
      2013-07-2117.28.49.jpg
      
      2013-07-2120.41.11.jpg
      
      2013-07-2120.45.55.jpg
      
      2013-07-2211.24.29.jpg
      
      2013-07-2209.11.00.jpg
      
      2013-07-2210.10.08.jpg
      
      2013-07-2210.16.17.jpg
      
      2013-07-2210.55.30.jpg
森見登美彦の『聖なる怠け者の冒険』に登場した場所をいくつか訪ねてみました。
      
      大学4年の長男の下宿が出町柳の北にあり、7月下旬の日曜の朝、私がそこを襲撃したと思ってください。「ピンポーン♩ 起きてくださーい!」「おはよ〜」「さ、自転車で出かけるぞ」「どこへ?」「スマート珈琲で朝食だ!」。
      
      地図を片手に行ってみると、寺町通のアーケード、本能寺の南ではありませんか。スマート珈琲(写真1)は早朝から結構混んでます。アイスコーヒー2つとタマゴサンドウィッチ(写真2)、フレンチトーストを注文。お店の入口脇にドイツ製の焙煎機が置いてあり、そこで自家焙煎しているそうですが、アイスコーヒーは酸味が強くて、わたしの好みではありませんでした。でも、熱々のスクランブルエッグにちょっと芥子を塗ったタマゴサンドウィッチは美味でした。
      
      腹ごしらえして、ようやく目が覚めた長男を連れて六角堂(写真3)へ向かいます。これは五木寛之の『親鸞』で重要な場所です。ただ、本能寺同様、ビルの狭間に残された異空間。まわりをぐるっと歩いて六角形であることを確かめました。
      
      じつは、その日、大阪で法事がありまして、昼すぎにはJR京都駅にいなくてはならないのです。時計と地図を見て「それじゃ、梅小路へ行こう!」。梅小路公園の一角にできた京都水族館はパス。目的は梅小路蒸気機関車館(写真4)です。小学生の頃、亡父に連れて来てもらった思い出の場所に、息子を連れていきたかったのです。
      
      整備中のD51が置いてあって面白かった。スチーム号(C62、1回200円)に乗ってみました。片道600mの直線コースをゆっくり往復するだけですが「C62に乗った」ことは事実。長男は石炭に興味を持って、下車後、近くの石炭置き場で手に取って「これが燃えるの?」と不思議そう。
      
      そこから、京都駅ビル西側の(ビックカメラ近くの)西駐輪場へ(1回150円)。JRで大阪へ向かい、法事を済ませて京都駅まで帰ってくると、京都タワーの地下3階にある銭湯へ向かったのでした。京都タワービルってちょっと古くて、名古屋でいえば、栄の中日ビルみたい。地下に手芸用品店があって、地下2階がなくて地下3階に浴場と理容店だけあるのです。階段を降りていくと怪しいムード満点ですが、危険はなさそうなので750円払って入湯させてもらいました。
      
      貴重品は受付で預かってくれますし、タオルを1枚貸してくれます。ボディソープとシャンプーは備え付けてあるので、着替えさえあれば気軽に利用できます。入ってから思い出したのですが、わたし、熱いお湯は苦手。水シャワーで身体を冷やしながら気合いで肩まで浸かりました。
      
      さっぱりしたけれど身体がだるい。入浴って体力を消耗するんでしたっけ。駐輪場で自転車を引き揚げるとすでに夕方。京都のお寺は5時には閉まってしまうので「カステラを買いに行こう!」「へ?」。
      
      京都駅から出町柳まで自転車で約6km。ただ移動するのはつまらないし、以前から「然花抄院」の「然カステラ」を食べてみたかったのです。室町のお店は和風の洒落たところで女性が喜びそう。然カステラの大(1,500円+税)を買って帰りました。薄いけれど直径20cmほど。見た目はカステラには見えませんが、スプーンですくって食べてみると「甘〜い」のつぎに「カステラの味がする」。カステラというと洋風のお菓子というイメージがありますが、然カステラはこってり和菓子です。渋いお茶といっしょに召し上がれ。最初は戸惑いますが、他にない味と食感なのでクセになるかも。余談ですが、ナイフにくっついて切り分けにくいので、下の紙までいっしょに切って、そのままお皿に取り分けたほうがいいと思います。
      
      翌月曜日、長男は大学の講義があり、わたしは昼まで時間があります。iPadで調べてみると「比叡山って近いんだ」。急遽「出町柳から3時間で比叡山東塔まで行ってくる」ミッション開始です。東塔まで片道1時間。現地滞在時間は1時間弱か。
      
      森見登美彦の小説には叡電がよく出てくるので一度乗ってみたかったのです。2両編成で車内はきれい。途中駅はほとんど無人駅なので、うしろから乗って整理券を取って、前の運転席側の運賃箱で支払って降りるという「バスみたいな電車」です。
      
      叡電の八重比叡山口駅から徒歩3分ほどのケーブルカー乗り場へ。続いてロープウエイを乗り継いで山頂駅に到着。東塔まで徒歩30分はつらいので、周遊バス乗り場へ。東塔のつぎのバスセンターで下車して根本中堂へ。『親鸞』が修行したのは横川なのですが、いちばん奥なので今日は無理。またいつか。標高800mでもすこしは涼しい。下界は「京都の夏」。暑いよ〜。
      
      正午に、田中里ノ前交差点の中華料理店「華祥」で長男と待ち合わせてランチ。なかなか充実した京都探訪でした。(さすがに疲れました)
      
      そういえば「有頂天家族」がアニメ化されたとか。京都の街を走り回るタヌキと、飛び回る天狗が見られるのでしょうか。楽しみです。

« [iPad mini] Jules Verne's Return to Mysterious Island 2 HD その後 5 | トップページ | 親鸞・上 (五木寛之) »

その他」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事