« 神秘の島 第1部 (ジュール ヴェルヌ) | トップページ | 神秘の島 第3部 (ジュール ヴェルヌ) »

2013年6月25日 (火)

神秘の島 第2部 (ジュール ヴェルヌ)

小さな島にも多くの鳥や動物がいますし、作物も育っています。洞窟を改造した Granite House にも蓄えが増えて、徐々に快適に暮らせるようになってきました。そして、すこし離れたタボル島へ渡るための船を作ることになり、ペンクロフは大張り切り。サイラスは船の設計には協力したものの、タボル島へ向かう危険を犯すことには「意味がない」と反対。試験航行中、ハーバートが波間に漂う瓶を発見。その中には「漂流者1名」と緯度、経度が記されてあったのです。

こうなってはサイラスも反対はできません。翌日ペンクロフ、スピレット、ハーバートはタボル島へ向けて出航。現地で、獣と見紛うばかりの男を見つけて連れ帰ってきたのですが…。

『神秘の島』が原作の iPad用のアドベンチャーゲーム "Jules Verne's Return to Mysterious Island - Deluxe Edition"で、高台に建つ風車は小麦を挽くために作られたものでした。風車のそばにある竈でパンを焼いたのでしょう。

5人が漂着したとき、気球が墜落しないようにあらゆる物を投げ捨てたはずなのに、銃や様々な道具が残っていることを不思議に思っていたのですが、難破船から流れ着いたと思われる道具箱を手に入れていたのです。

第2部の終わりの時点で、漂着して2年。時々不思議な、理由の説明できないことが起きることをサイラスは覚えておくようにしていました。いつか謎が解けると信じて…。

ほんとうに次から次へといろんなことが起きるので退屈しません。

お勧め度:★★★★☆

Jules Verne's Return to Mysterious Island - Deluxe Edition App
カテゴリ: ゲーム(英語版)
価格: ¥250

MacOS版もあります。
Jules Verne's Return to Mysterious Island - Director's Cut App
カテゴリ: ゲーム(英語版)
価格: ¥900

« 神秘の島 第1部 (ジュール ヴェルヌ) | トップページ | 神秘の島 第3部 (ジュール ヴェルヌ) »

現代小説」カテゴリの記事