« 上と外 5 楔が抜ける時 (恩田 陸) | トップページ | 日本の歴史をよみなおす (全) (網野 善彦) »

2013年3月 4日 (月)

上と外 6 みんなの国 (恩田 陸)

練が14歳だなんて信じられない。日本の中学生がぽんとジャングルに放り出されたら1週間も生きていられないと思う。もし本当にこんな修羅場を14歳がくぐり抜けたとしたらたいした人物になることでしょう。

タイトルの『上と外』というのは、地下に閉じ込められた練と千華子が心から望んだ場所なのではないでしょうか。それこそ、エレベーターのボタンを押すように、上に行きたい、外に出たい、と。

練と千華子には「よく生き延びた。えらい!」と褒めてあげたいけれど、千鶴子をはじめ大人たちは猛省したほうがいい。終わりよければすべて良し、みたいな予定調和はつまらない。中高生向き、かな。

お勧め度:★★★☆☆

« 上と外 5 楔が抜ける時 (恩田 陸) | トップページ | 日本の歴史をよみなおす (全) (網野 善彦) »

現代小説」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ