« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

上と外 3 神々と死者の迷宮 (恩田 陸)

練と千華子の兄妹が中米のジャングルでサバイバルしているという、全6巻のうち中盤の最も盛り上がる部分。しかし、母・千鶴子の再婚話とか、千華子のDNA云々といった話を聞いていると、宮部みゆきの『ブレイブストーリー』を思い出しますし、マヤのピラミッドなんて聞くと『インディ・ジョーンズ』が思い浮かびます。

誰かに見られている。そう感じつつ、マヤの遺跡近くでキャンプしていたふたりの前に現れたのは…。

お勧め度:★★★☆☆

2013年2月27日 (水)

上と外 2 緑の底 (恩田 陸)

遺跡観光のヘリコプターから転落した練と千華子は、熱帯の密林に受け止められ九死に一生を得ます。しかし、そこは日光すら差し込まないジャングル。しかも、水と食料はわずかしかなく、大きなピラミッドがあるというティカルを目指すにしても方角がわかりません。練は「祖父だったら何て言うだろう」と想像し、千華子と共に生き延びることを考えます。

一方、日本でG国のクーデターを知った楢崎家では、祖父や叔父たちがそれぞれ情報収集に努めていました。「外務省は大企業の社員や大手ツーリストの観光客以外にはすごく冷たい」というのはリアルな話です。

本書のタイトルがなぜ『上と外』なのか気になっていたのですが、作者いわく「子供の頃に読んだ本に、大きなガラスのエレベーターが出てきて、行き先を書いたボタンがずらりと並んでいるんだけど、一度も使ったことがないボタンがあって、それが「上と外」だったの」。恩田陸ってお茶目な人だったんですね。

お勧め度:★★★☆☆

2013年2月26日 (火)

上と外 1 素晴らしき休日 (恩田 陸)

恩田陸は『夜のピクニック』くらいしか読んだ記憶がなくて、この『上と外』も妙なタイトルだなって思って、薄い文庫本だからすぐに読めるだろうと(図書館で)借りてきたものでした。

夏休みは年に一度、離婚した両親と家族が集まる。中学生の楢崎練は、別れて暮らす継母・千鶴子と妹・千華子と3人で飛行機に乗って、中米G国に住む父・賢を訪ねた。大学の研究室で遺跡調査をしている賢の案内で、3人はヘリコプターで遺跡を見学していたとき、G国で軍部によるクーデターが起きて…。

G国というのはグァテマラのようです。そして、これは家族の物語のようです。練の祖父の言葉とか、時々すごく良いことが書いてあります。

それはともかく、中米なんて日本からみれば地球の向こう側ですからリアリティがなくて、SFみたいに感じてしまうのはわたしだけでしょうか。

お勧め度:★★★☆☆

2013年2月25日 (月)

[iPad mini] アドベンチャーゲーム The Walking Dead

2013-02-15 18.54.48.png

2013-02-15 18.55.19.png

2013-02-15 18.56.17.png
面白そうなアドベンチャーゲームは制覇しようと思ってプレイしてみたものの、怖かった。やっぱりホラーは苦手です。面白いっていう人がたくさんいるから、怖いもの見たさでダウンロードしたら、クレメンタインという少女を守りながら、迫り来るゾンビから逃げるサバイバル。まさに悪夢です。

しかも「どちらかひとりしか助けられない」なんていう究極の選択を迫られます。かなり緊張とストレスがかかるので心臓の悪い人はやめておきましょう。ちなみに、英語がわからないとストーリーが理解できません。SETTINGSメニューからSUBTITLES(字幕)をONにしておくと理解の助けになります。

アドベンチャーゲームとしてはシンプルで、アイテムを拾うとアクションの選択肢が増えていきます。ドアに対して、鍵を使うか、斧を使うか。選択肢がアイコン表示されるからアイテムの使い道が一目瞭然。一方、ゾンビに対するアクションが遅れると死にます。何度死んだことか…。

ですから、死んでも挫けなければ(?) ゲームを進めるのは難しくありません。無料なのは1話のみ。2〜5話のマルチパックは1,300円ですが、わたしは遠慮しておきます。

CGアニメーションも進歩してきたものの、まだ人の表情や動きが不自然だったりします。でも、グロテスクな場面も多いので、これ以上リアルにならないほうがいいかもしれません。

このゲームが「面白い」としたら、それは追いつめられた状況での人間ドラマであって、ゾンビではありません。死んだら墓の中で大人しくしていましょう。

お勧め度:★★☆☆☆



2013年2月23日 (土)

[iPad mini] アドベンチャーゲーム Little Luna

2013-02-13 13.40.41.png

2013-02-13 13.41.55.png

2013-02-13 13.42.48.png

2013-02-13 13.35.50.png
最近、面白そうなゲームアプリを発掘すること自体を楽しんでいる自分がいます。「次はどれをダウンロードしようかなぁ」とiPadやiMacで探すのです。

そして「City of Secrets」に続いて、英語力必須アドベンチャーゲームを見つけました。ナレーターは Audio Book のように抑揚をつけて語りかけてきます。

太陽の守り手ソルの力が尽きようとしていました。このままでは母なる大地が闇に包まれてしまいます。月の守り手ルナは流れ落ちていく光に誘われ、雪の大地に立ちました。って、水色のワンピース姿で寒くないの? しかも半袖!

と、余計な心配をしつつ、地面をタップするとそこが光って、ルナが向かっていきます。光につられてフラフラって…羽虫みたい。遠かったり、壁の向こうだったり、行けないところの場合は光が弱くなります。そして、2回連続タップで火をおこすことができます。手に取ることができるアイテムは非常にわかりやすく置いてあるので、そこへ行けばゲットできます。あまり難しく考えずに探検してみましょう。(あれ、これはゼルダの…?)

あちこちにキャンプの跡があるのですが、人の姿がありません。みんな、どこへ行ってしまったのでしょう? 「もしもーし、だれかいませんかぁ」。そして、洞窟に入ると…。

「Machinarium」や「City of Secrets」と比べると、質・量ともに見劣りしますが、オランダの学生ふたりが作ったというのですからたいしたものです。続編に期待します。

お勧め度:★★★★☆

2013年2月21日 (木)

[iPad mini] アドベンチャーゲーム City of Secrets HD

2013-02-08 19.42.21.png

2013-02-08 20.27.22.png

2013-02-08 20.27.53.png

2013-02-08 19.31.26.png

2013-02-08 20.53.25.png
Machinarium」 (マシナリウム)に次いで秀逸なアドベンチャーゲームを見つけました。

ただし「Machinarium」とちがって、こちらは英語がわからないとついていけません。導入部では早口の英語を聞き取れなくて「こりゃ無理かな」と思ったのですが、第1話に入ると字幕が出るようになったのでなんとかゲームを進めることができるようになりました。ナレーターも含めて声優さんは上手。ジャズっぽい、洒落た音楽をバックに、ユーモアを交えてしゃべってくれます。

主人公はもぐらのモグ。磁石をつけて釣りをしていたところ(一体なにを釣るの? 金目鯛? 失礼…)友達の犬レックスは(釣り糸につけるのは)磁石よりも釣り針のほうがいいというので、レックスに地下室から釣り針を取ってきてくれるように頼んだところ、ドンガラガッシャーン! モグが見に行くと、棚が倒れ、床のトラップドアが開いていて、レックスは地下のモグラ・シティーに落ちてしまったようです。そこでレックスは捕えられ、留置場に放り込まれてしまったのです。彼を解放するには市長に陳情しなければなりません。

これは一大事と、白ウサギならぬ白犬を追いかけて、深い穴に入っていく「不思議の国のモグ」です。モグの英語にはちょっと訛りがあって(制作したAidem Media はポーランドにありますが)ロンドンの下町訛りなのでしょう、たぶん。フランス訛りのシェフも登場して、ヨーロッパの下町の雰囲気が楽しめます。

アドベンチャーゲームなので、アイテムを拾って、それを使って謎を解いて進んでいかねばなりません。右下の赤電球をタップすると、タップできるポイントを表示してくれますし、時には何をすべきかヒントをくれるので安心。青電球では、MENU, TASKS, LOAD, SAVE, OPTIONS などのメニューが表示され、黄電球ではマップが表示され、タップした場所へジャンプできます。TASKSはいわゆる To Do リスト。久しぶりにゲームを再開したときにも備忘録としてわかりやすいんだけど、手書き風フォントが読みづらい。

「Machinarium」同様(暗い画面が多いので)小さなアイテムも見落とさないよう、観察力が重要ですし、複数のアイテムを組み合わせて新しいアイテムを作ることもできます。ただし、謎解きは、突飛なもの、ふざけたものがあるので要注意。また、ゲーム中のキャラクターではなく、プレイヤーが代わりにやってあげなくてはならないアクションもあります。手当たり次第にタップするしかなくても怒らずに笑い飛ばすことと、迷路では面倒でもマッピングすることをお勧めします。

第1話は市長に面会するところまで。無料版はここまでですが、お試しとしては十分でしょう。わたしは続けてプレイしたいので85円払ってFull Game Unlockしました。

お勧め度:★★★★★

続きを読む "[iPad mini] アドベンチャーゲーム City of Secrets HD" »

2013年2月20日 (水)

[iPad mini] ゲーム Everest Hidden Expedition

2013-02-10 16.02.46.png

2013-02-10 16.00.29.png
エベレスト登山競争だというから宝探しかと思いきや "I SPY" (邦題「ミッケ!」)でした。

表示された写真の中から、画面下部に書かれているアイテムを見つけてタップするゲーム。すべて見つけたら次の面へ進みます。「ヒント」ボタンをタップすると、どのあたりにあるかが表示されますが、次のヒントは一定時間経過後でないともらうことはできません。マルチプレイヤー対応らしいので、早くクリアした人が勝ち、なのでしょう。

画面中をタップして回って「え、そんなところに!?」と、巧みな隠し方に驚くのですが、よく考えたら、ただそれだけのゲーム。iPad mini でも画面が小さくて探しづらいので、真剣に探すならiPadのほうがいい。どちらかというと子供向きではないでしょうか。

お勧め度:★☆☆☆☆


続きを読む "[iPad mini] ゲーム Everest Hidden Expedition" »

2013年2月18日 (月)

[iPad mini] Mini Motor Racing HD その後 4

2013-02-13 06.49.05.jpg

2013-02-13 06.49.24.jpg
R0010944.JPG

R0010941.JPG
ネットを見ていると、iPhoneやiPadのタッチパネルに貼るゲームボタンがあるじゃないですか。タッチパネルに「表示」されるだけのコントローラーではなく、指で触ることができるボタンを求めている人は他にもいるわけです。

いくつか種類がある中で、画面の邪魔になりにくそうな iPhone/iPad/iPod Touch 対応「ゲームパッドゴム(十字キー1個+ボタン7個セット)」(280円+送料150円)を注文しました。

要するに「十字キー」が欲しかったのです。直径2cmの十字キーが透明な薄いゴム台に中心部分でつながっているもの。つまりキー部分はグラグラ。大きさはちょうどいいのですが、実際にレースを始めると「あれ、反応しない!?」。

しばらくグリグリしてたら反応しました。かなり強めに押し付けないと反応しません。レース中に(親指の)気を抜くとカーブでそのまま直進。いくらショートトラックとはいえ10周以上すると指が痛くなります。たしかに操作性は良くなるものの、力が要るのでは一長一短。あまり意味がありません。そもそも、こんなもの使わないほうがスマートなんですけどね。

Mini Motor Racing で残すレースは Original Championship の8ページ(32レース)。チャンピオンシップ後半に入ると、敵車たちも速くなってきて苦戦するようになります。なにが困るって、うしろから一斉にニトロで飛んでくるんです。4〜5台が団子状態でひっくり返るんですから巻き込まれたらたまりません。横転するとタイムロスが大きく、巻き返すのが面倒でRESTART。

だから、この十字キーで思い通りに走らせることができるようになれば、と思ったのですが、一気に速くなる魔法の小道具ではなかったようです。(苦笑)

お勧め度:★★☆☆☆

2013年2月17日 (日)

ピエタ (大島真寿美)

『やがて目覚めない朝が来る』の大島真寿美の新作だと聞いて手に取ってみました。悲劇的ではないにしろ、やはり「死」に関する話です。1741年7月28日、ヴァイオリン協奏曲集『四季』の作曲家ヴィヴァルディが亡くなったことからお話が始まります。

エミーリアはアンナ・マリーアとヴェネツィア共和国のピエタ慈善院で育ち「合奏・合唱の娘たち」の一員として音楽教育を受けてきました、若き日のヴィヴァルディに。そして、ウィーンに行ったヴィヴァルディの訃報が届いたのです。

エミーリアは貴族の友人ヴェロニカから、ヴィヴァルディ先生が自分のために書いてくれた楽譜を探してほしいと頼まれます。見つけてくれたらピエタに対して破格の寄付を約束する、と。そして、エミーリアは楽譜の行方だけでなく、ヴィヴァルティ先生について知りたいと思うようになっていくのです。

序盤は、時間は前後するし、なんの話がしたいのか全く見えないしで戸惑いましたが、クラウディアに会いにいくあたりから面白くなってきました。

いま読み終えました。

途中から『やがて目覚めない朝が来る』の18世紀ヴェネチア版だな、なんて思っていたのですが、ヴェロニカの楽譜が思いがけないところから出てきたのには驚きました。この小説で描かれるヴィヴァルディは粋な音楽家です。「l'estro armonico 霊感の調和」作品3 協奏曲集を聴きながらお読みください。

人と人のつながりは、血縁、友情、近隣、学校や職場、商売上など様々ですが、ヴィヴァルディとピエタとの関係を軸に、登場人物たちが年老い、やがて死んでいく一方で新しい命が育っていく。それが世の摂理。そこに人と人の魂が響き合い、調和があります。とても素敵な物語でした。

お勧め度:★★★★★

2013年2月16日 (土)

羽月莉音の帝国 (至道 流星)

威勢のいい女の子が主人公で面白そうだと思ったのも束の間…。

冒頭、莉音がマウンテンバイクのうしろに荷物を括りつけているというのですが、ふつうマウンテンバイクには荷台はついていません。実際、イラストには荷台も荷物も描かれていません。つまり、荷物云々というのは莉音を自転車に乗せるための方便で、自転車を立ち漕ぎさせたのはパンツを見せるための方便。

いきなりラノベ全開です。これをおもしろがることができるかどうか。残念ながら、わたしには無理でした。


お勧め度:☆☆☆☆☆

2013年2月15日 (金)

おひとり京都の愉しみ (柏井 壽)

京都が好きなので参考になる話はないものかと手に取ったのですが、わたしの好みには合いませんでした。
  1. 京都ひとり歩き(鴨川、路地裏)
  2. 四つの文字で巡る京都(水・祈・憩・艶)
  3. 京都ひとりランチ
  4. 京都ひとり晩ご飯
  5. 京都ひとり泊まり

とにかく「ひとり」にこだわった内容です。複数で行くよりも、ひとりのほうが京都の人と話しやすい、というか話しかけてもらえるはず、とのこと。それはそうかもしれませんが、わたしは基本的に息子に付き合ってもらいます。ひとりじゃつまらない。それに宿泊場所は息子の下宿。第5章を眺めていて思ったのですが、ホテルや旅館に泊まるといかにも「旅行者」なのですが、下宿に泊めてもらうと気分は京都の「住人」。この違いは大きい。

これまで見てきた京都本と比べ、縦書きの新書で写真がすべてモノクロでは料理もおいしそうに見えないのが残念です。

お勧め度:★☆☆☆☆

2013年2月14日 (木)

古都 (川端康成)

『古都』は1961年から翌年にかけて朝日新聞に連載された小説。50年以上前の話だけど、いまも当時の祭りや風景、お店が残っています。京都が好きなので、川端康成の書いたガイドブックのような気分で読ませてもらいました。

5月の葵祭、7月の祇園祭、10月は時代祭と鞍馬の火祭り、北野おどり、12月の事始めと、文字通り、京都の春夏秋冬が描かれています。

千重子の育った呉服問屋は八坂神社の氏子だというから四条河原町あたりでしょうか。料理屋も登場しますが、すっぽん料理の大市は23,000円、円山公園の佐阿弥(左阿彌)も京懐石が¥12,075 ~ ¥36,000と、気軽に出かけることはできません。

京都の商家の一人娘・千重子は「自分は捨て子」だと悩んでいた祇園祭の夜、自分とそっくりな村娘・苗子と出会い、双子の兄弟がいることを知ったのです。千重子の養父母と幼なじみの真一とその兄・竜助、織職人の秀男らの人間模様を縦糸に、京の風物を横糸に織り上げた小説です。

今回は図書館で借りましたが、これは手元に置いておきたいので買います。

お勧め度:★★★★★

続きを読む "古都 (川端康成)" »

2013年2月12日 (火)

[iPad mini] レーシングゲーム Pocket Racing 2

2013-02-03 07.04.16.png

2013-02-03 06.59.41.png

2013-02-03 07.01.52.png
今度は真上から見たレーシングゲームです。TOUR の PRACTICE を試してみただけですが、まずビジュアルが平面的なうえ、クルマが小さすぎて、迫力というか臨場感に欠けます。

一方、クルマがすこしずつ加速する感じや、コーナーリング中のスキール音、コーナーバリアや他車にぶつかると止まってしまうあたりはリアル。ステアリングコントロールはティルト(本体を傾ける)か、左右ボタンを選択可能。

コースはモンツァ、シルバーストーンなど有名サーキットが並んでいて、鈴鹿もあるのですが、なぜか立体交差が交差点になっていて興醒め(上から3枚目の画像)。

全体に、この手のゲームとしてはよくまとまっているのですが「どんなゲームを作りたかったのか」という制作者の意図が伝わってきません。これならMini Motor Racing (MMR) のほうが断然おもしろい。

これは他のゲームにも見られるのですが、ゴールした途端、クルマが停車してしまうのはエンジンによくありません。ゴールしても、そのまま走り続けるMMRのほうが、わたしには違和感がありません。

お勧め度:★★☆☆☆

2013年2月11日 (月)

[iPad mini] レーシングゲーム DrawRace 2

2013-01-27 18.03.06.png

2013-01-27 18.03.27.png

2013-01-27 18.05.00.png


「CSR Racing」に続いて「ハンドル操作のないレーシングゲーム」です。「CSR Racing」はゼロヨンの直線コースだったのですが、こちらはレースのライン取りをあらかじめ(指で)描いておく仕組みです。線を引くからDraw。直訳すると「線引き競争」ですか。

「なぁんだ、つまらない」と思ったでしょ。わたしも思いました。

サーキットを速く走る基本は、道幅を目一杯利用した「アウト・イン・アウト」と「スロー・イン、ファースト・アウト」。カーブの手前で減速してアウト側に寄り、コーナー内側ぎりぎりを狙って進み、そこを越えたら加速してアウト側に抜ける。ですから、走行ラインを引くだけでなく、スピードも調整しなければなりません。直線は速く、カーブ手前とカーブ前半はゆっくり、カーブを抜けるところで再び速く。「どこ」を走るかだけでなく「どれくらいの速さ」で走るかがうまく噛み合ったときに良いタイムが出ます。意外と奥が深いのです。

ただし、鉄道じゃないので、必ずしもライン通りに走るわけではありません。あくまで「ガイドライン」であって、コーナーの進入速度が速すぎればアウト側に飛び出します。また「スタートしたら見てるだけ」ではつまらないのでターボボタンがあります。そのボタンを押すと一定時間加速します。ターボパワーはブレーキング時に貯まるとか。(ハイブリッドかよ、と突っ込みたくなる)

4人までの同時プレイも可能です。1台のiPad miniで、順番に線を引いていって同時スタート。各自ターボボタンを駆使して戦います。速い人のライン取りは参考になるはず。みんなで切磋琢磨しましょう!

お勧め度:★★★★☆

続きを読む "[iPad mini] レーシングゲーム DrawRace 2" »

2013年2月10日 (日)

[iPad mini] レーシングゲーム CSR Racing

2013-01-27 05.36.00.png

2013-01-27 05.35.06.png

2013-01-27 09.55.17.png

PAGANI HUAYRA

PAGANI HUAYRA
ステアリングとメーターがあるのに、自分のクルマを横から見てるからどうするのかと思ったら、これ、ゼロヨンなんですね。1/4マイル(約400m)の加速を競うレースだから、シフトアップのタイミングがすべて。といいたいところですが、クルマの性能も大きく影響します。性能を上げるにはお金がかかる、という世知辛いゲームでもあります。

個人的にはセミATなのが残念。MTでやりたかった。でも、クラッチ操作の再現がむずかしいか…。いろんなチームのメンバーと街のあちこちで対戦するらしいのですが、ゲームの全貌はまだ理解できていません。

CSR Racingの(わたしにとって)いちばんの魅力は、実在するモデルに乗ることができて、グラフィックがとってもきれいなこと。最初に買った愛車は黒のMINI Cooper Sなのですが、できれば John Cooper Works が欲しかった。他に、シボレー、フォード、ダッジ、ベントレー、BMW、アウディ、日産、パガーニに乗ることができます。身近なところではフォードのフォーカスRSを狙っていますが、フォードGTやアウディR8 LMS ultraにも乗ってみたい。それとパガーニ・ウアイラ(画像4〜5枚目)にも興味あります。

上から3枚目の画像にあるように、アップグレード(チューニング)もできます。クーパーSのエンジンを$1,388で6HP上げてくれるそうですが、ちょっと高くないかなぁ。いや、それくらいかかるほうがリアルなのかも。

ゼロヨンの本気モードの発進加速って、クルマの特にエンジンにかなり負担がかかります。タイヤは減ったら交換すればいいけれど、エンジンとかミッション、シャーシは気軽に換えるわけにいきません。「Mini Motor Racing」のチョロQ のようにコミカルなレーシングゲームであれば、ぶつかろうがひっくり返ろうが「ゲームだから」で割り切れるのですが、リアルになればなるほど「ぶつけたくない」「壊したくない」と思うようになります。リアリティを追求していくとゲーム(遊び)から離れていく部分があるのかもしれません。

「Mini Motor Racing」では、ハンドル操作に苦労します。iPad mini 本体を傾けるのではなく、画面下部に表示されるハンドルを回すか、LRボタンをちょんちょんタップするかですが、それが苦手なのです。ゲーム専用機であればボタンやスティックに常に触れているところ、タブレット端末では触れると反応してしまいます。手元を見ているわけではないので、ハンドル位置から指がずれて、うまく操作できないことがあるのです。その点、CSR Racing ではハンドル操作がないので助かります。が、クルマを操る醍醐味はカーブにあります。ハンドル操作がないのを物足りなく感じるのは「ないものねだり」でしょうか。

お勧め度:★★★☆☆



続きを読む "[iPad mini] レーシングゲーム CSR Racing" »

2013年2月 9日 (土)

[iPad mini] ゲーム Tiny Tower

ipad042.jpg

ipad043.jpg

昔こんなゲームがあったなぁ。ビルを建てて、そこに人が住んだり、店を出したり。そしてお金を稼いでビルを高くしていく。ドット絵キャラの雰囲気は、Apple II の「Little Computer People」に似ています。(なつかしい!)

初めはチュートリアルの指示どおり、2階を住居にして住民を住まわせ、3階を建て増して、そこに店舗を入れ、2階の住人を店員として雇い...といった具合。うーん、これも「お仕事ゲーム」ですか。ドット絵キャラはかわいいのですが、ゲームで働きたくないのでパスします。ここまでの「お勧め度」は★1個。

アプリを削除しようと思ったのですが、このゲームは放置しておいても問題ないようで、時々覗いて在庫の補充をしたり、エレベーターを動かしりしています。うまく考えましたね。

補充する在庫の準備に時間がかかるところ、1ドル(tower bucks)を(チップとして)払うと急いでくれ、時間の節約になります。手持ちドルがないと、店の在庫が切れ、照明が消えた状態が長く続きます。気が短い人はゲーム内通貨を買う($10=¥85、$100=¥450、$500=¥1,700、$1,000=¥2,600)こともできます。うまく考えましたね。

5階を造る費用は3,750コインだったのが、6階は5,400コイン必要で、これがなかなか貯まらない。銀行ではドルをコインに替えてくれます。よくわからないままチュートリアルどおりにタップしてたから、最初からやり直してみましょう。

今度は6階までは建てようと決めたものの、ふだんの仕事は、店舗在庫の補充とエレベーターボーイ。たまに人探しを頼まれて、御礼にチップ(ドル)をもらったら、在庫補充を急いでもらうのに使っておしまい。それとVIPをあるフロアに案内すると、そこに大勢押し掛けるので売上がすこし増えます。基本的に退屈です。5,400コイン貯めるのに5日かかりました。このゲームで10階も20階も建てる人の根気には頭が下がります。わたしにはムリです。

友達とビルの高さを比べたり、パソコンのブラウザでビルの様子を他の人とSHAREしたり、みんなでワイワイ言いながら遊べば楽しいのかも、しれませんね。

お勧め度:★★☆☆☆


続きを読む "[iPad mini] ゲーム Tiny Tower" »

2013年2月 8日 (金)

[iPad mini] ゲーム Royal Envoy

ipad029.jpg

ipad030.png

中世の島国の災害復旧工事ゲーム。家を建てて家賃を徴収して、木材が必要だから製材所も建てて、家を改装すれば家賃が上がる。村々を渡り歩いて、タップで指示していきます。グラフィックはきれいだし、小人がちょこちょこ動き回る様子はかわいいんだけど、息抜きしたいのに何故ゲームの中でまで働かなくちゃいけないの? 最初の島を終えたところでやめてしまったので、まだお楽しみがあるのかもしれません。労働意欲が出たらチャレンジしてみます。

そういえば「不思議な居酒屋」というハーフリングのシェフが主人公のゲームも、次々訪れる客にひたすら給仕、会計するもの。ちょこまか走り回る、慌ただしいゲームです。

とはいえ、コツコツ働いてお金を貯めていけば達成感は味わえるはず。興味のある方はお試しあれ!

お勧め度:★★☆☆☆

2013年2月 7日 (木)

[iPad mini] ゲーム GESUNDHEIT!

2013-01-26 19.25.46.png

2013-01-26 19.25.55.png

2013-01-26 19.26.06.png
スーパーファミコンの「スーパーマリオワールド」みたいなゲーム。主人公はみどりの子豚。風邪を引いてるらしく、洟が止まりません。やさしい女の子豚がハンカチを貸してくれたのですが、モンスターに連れ去られてしまったのです。なんとかして助け出さねば!(まさしくスーパーマリオ設定)

GESUNDHEITというのは、ドイツ語で(この場合)「お大事に」という意味のようです。独特のタッチのイラストは絵本のようで、それが動くのですから、子供はよろこぶでしょう。洟を飛ばすのも子供にはウケるはず。基本的に操作説明はイラストなので英語もドイツ語も必要ありません。

モンスターに一定距離まで近づくと感づかれて追いかけられます。捕まらないように逃げつつ、モンスターを罠にかけて捕まえれば一面クリア。ちょっとしたパズルと、上手に誘導するアクションが楽しめます。

子供向きなので大人にはお勧めしません。お父さん、お母さんはお子さんといっしょにどうぞ!

お勧め度:★★★☆☆

2013年2月 6日 (水)

犯人に告ぐ (下) (雫井 脩介)

後半、犯人との息詰まる応酬、駆け引きが繰り広げられるものと期待していたのですが、身構えるほどではありませんでした。サスペンスとしては、湊かなえの『告白』のほうが数倍怖かったですし、警察小説としては『半落ち』などの横山秀夫のほうがリアルに感じます。

それでも「劇場型小説」は楽しかった。重箱の隅を突つくのではなく、料理をおいしくいただきました。主人公の巻島は連続児童殺害犯を検挙し、6年前の事件の帳尻も合わせなければなりません。怒濤の結末は、読んでのお楽しみです。

お勧め度:★★★★☆

2013年2月 5日 (火)

犯人に告ぐ (上) (雫井 脩介)

2ヶ月間に4人の児童が犠牲となった事件が未解決のまま1年近く経ったとき、神奈川県警は巻島史彦警視をテレビニュースに出演させ、市民から広く情報を集めるという名目で犯人からの接触を待つ、劇場型捜査に打って出た。

巻島は、過去に児童誘拐事件で犯人を取り逃がし、誘拐された子供も殺されてしまう失態を犯しています。その様子は、わたしがかつて自然気胸で入院したとき、担当医はいかにも「型通りの治療をしてます。なにか問題でも?」という対応で、じつにあっさりした態度だったことを思い出させました。医師も警察官も型通りの、無難な対応をしていれば、問題が起きても責任を追求されないだろうという意識が働くのでしょうか。患者や被害者の親族は人間なのだという意識が薄いと非常に傷つきますし信頼できません。

脱線しましたが、巻島はそういう警察官だったのです。その6年後、特別捜査官として現場の指揮を任された彼は、夜のニュース番組に出演します。世間の注目を呼び起こすことには成功したようですが、果たして有力な手掛かりを得ることはできるのでしょうか。

というのが前巻。中盤で「あぁ、次に誘拐されるのはこの子なのか」と暗い気分になりました。警察官というのも因果な商売です。真摯に勤めていても感謝されるばかりじゃない。それでも犯罪に堂々と立ち向かえるのは警察だけ。この物語の最後には拳を握りしめて「よし!」と言いたい。負けるな、巻島!

お勧め度:★★★★☆

2013年2月 4日 (月)

[iPad mini] ファイルリーダー GoodReader for iPad

ipad049.jpg

ipad050.jpg
iPadを使い始めて戸惑ったのが、アプリを起動はできても終了させられないことと、ファイルが見えないこと。どんどんアプリを立ち上げていくとメモリが足りなくなって落ちますし、ゲームのSAVEデータがどこにあるかわからないのは不安。

そこで、というわけではないのですが、ファイルビューワとして評判の高い GoodReader を導入してみました。iPadは書籍を含む、様々な文書を閲覧するための「ビューワ」として優れています。PDFファイルを持ち歩くためにiPadを利用している方も多いことでしょう。

PDFファイル、テキストファイル、MS OfficeのWordやExcelのファイル、iWorks '08/'09形式ファイルを開くことができ、ZIP等の圧縮ファイルを扱うこともできる、ファイル管理ユーティリティです。450円するだけあって、デザインは洗練されていて、動きもスムーズです。

ファイルの取り込み方法も、Dropbox、Google DriveなどのCloudサービス、PCとのWi-Fi接続、PCやデジカメとUSBケーブル接続、Webサイトからのダウンロード、メールサーバに直接アクセスすることもできます。そして、取り込むファイルをsync(同期)する機能もあります。

My Documents の中にフォルダを作成したり、自由に整理できるので、MS Windowsに慣れた方にはうれしいかもしれません。巷では「神アプリ」と評判のようですが、要するに、散在している文書ファイルを集めて、整理、閲覧、PDF編集できるツールです。

お勧め度:★★★☆☆

GoodReader for iPad App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥450

続きを読む "[iPad mini] ファイルリーダー GoodReader for iPad" »

2013年2月 3日 (日)

[iPad mini] アドベンチャーゲーム ZORK

ipad018.jpg

かつて Apple II でハマったテキストアドベンチャーゲーム「ZORK」(ゾーク)を見つけました。懐かしい!

> go east
> open window
> take lantern

などとコマンドを入力しながら地下帝国を冒険するのです。グラフィックではなく文字のみですから、本でいえば漫画ではなく小説。当時、小説としても素晴らしいと評価されていました。

グラフィックもサウンドもない、文章だけなので、その場の情景を想像しながら読み進めるのが醍醐味。Sense of Humor と Sense of Wonder に富んだ冒険世界。最初から絵で見せられるとイメージが固定してしまって想像が膨らみません。コマンドが当たって突破口が開いたときがうれしい。やや古めかしい英語表現も出てきますが、慣れてくれば辞書は要らなくなり、何作か解いていくうちに謎解きのパターンがわかってきます。読者の知恵と機転で読み進める小説です。

ZORK三部作はファンタジーですが、他にミステリー、SF、魔法使い等のシリーズもあります。有料になりますが、最終的に27作揃えることができます。

お勧め度:★★★☆☆

Lost Treasures of Infocom App
カテゴリ: ゲーム
価格: 無料

2013年2月 2日 (土)

[iPad mini] ゲームアプリの選び方

2013-01-28 09.37.43.png

2013-01-28 09.37.51.png

2013-01-28 09.38.21.png

2013-01-28 09.40.36.png

2013-01-28 09.41.58.png
iPad miniを買って1ヶ月ちょっと。現在、電子書籍も読めるゲーム機と化しております。

「なにか面白いゲームはないかな」と探しても、残酷な殺人、戦闘、格闘ものばかり目について、任天堂の世界とは趣が違うことに閉口しました。それでもiPad/iPhone用のアプリが安いことに最初は驚きました。ただ、無料版も含めて安いアプリにはゲーム内課金の落とし穴があるので要注意です。

無料ならともかく、有料だと「買うんじゃなかった」と後悔したくありません。後悔しないためにはどうすればいいか、というお話です。

最初は App Store の「おすすめ」「ランキング」を眺めるのですが、その「評価とレビュー」をどこまで信じてよいのか。アプリの中には、レビューを書いたら、もしくはFaceBookやTwitterに書き込みをしたら、限定アイテムをあげるという露骨な誘導が半ば常識となっています。これはサクラですから、App StoreやFaceBookの評価はあまり信用しない方が無難しょう。

それではどうすればいいか。自分好みのアプリを探すには、まずApp Storeの「Genius」を使ってみるといい。これまでの購入履歴からお勧めを選んでくれます。たまに「あ、こんなアプリがあったんだ」という発見があります。

そして、興味を持ったアプリについてインターネットで検索してみます。Minecraft というゲームであれば「minecraft ipad」と検索してみてください。なにやら Minecraft Wikiというサイトが見つかりました。そもそもPC版から始まったようですね。

「Minecraftは、2009年5月10日にNotch氏(本名:Markus Persson)が開発を始めた、サンドボックス型のものづくりゲームです。レトロゲーを想起させるドットテイストのブロックが溢れる世界で、プレイヤーは建物やその他のものを自由に創造することが出来ます。」

公式サイトよりも、一般ユーザーの感想のほうが参考になることがあります。疲れない程度に、いくつか覗いてみましょう。

だけど文章だけではピンと来ません。そういうときは動画です。YouTubeで「minecraft ipad」と検索して、参考になりそうな動画を観てみましょう。なるほど、LEGOブロックの世界に入り込んだようなものね。それがマルチプレイも可能だと。幼い頃、公園の砂場で友達と、山にトンネル、川、城をつくって遊んでいたのが再現できるわけか。動画では、5歳の女の子がMinecraftで家をさくさく作ってる…。すごいな、と感心する反面、公園で遊んだほうがいいのに、とも思います。

YouTubeでは「ipad games」とか「ipad racing games」と検索すると、お勧めゲーム特集動画を見ることもできます。ただ、わたしの場合、好みに合うゲームはほとんど見つかりませんでした。

ここまで調べれば値段に見合う価値があるかどうか判断できるでしょう。それでも心配ならば、まずは無料版で試してみましょう。

続きを読む "[iPad mini] ゲームアプリの選び方" »

2013年2月 1日 (金)

[iPad mini] Mini Motor Racing HD その後 3

ipad045.jpg

ipad046.jpg

ipad047.jpg

ipad048.jpg

2013-01-29 21.25.08.png
次男を誘って「好きなクルマ買っていいよ」といったら写真左のスクールバスになりました。クルマの性格としては最高速はトップクラスだけれど加速が悪く、ハンドリングもいまひとつ。実際に走らせてみると、さすがに重さを感じます。コーナーでのドリフトも大きいし、ジャンプも重たそう。どこにもぶつからなければ速いのですが、一旦失速すると加速に時間がかかる。それと重さゆえに敵車をぶっ飛ばすには向いています。まさに次男向き。(笑)

黄色だとスクールバスですが、黒塗りにすると警察のSWAT車両、白だと救急車、ピンクだとアイスクリーム屋さんに早変わり。ボディ色を変えると、パトカーがタクシーに変身したりするので愉快です。そのときの気分でPAINTボタンを押して、色を変えてみましょう。

資金効率を上げるなら、使用するクルマを限定して、それをチューニングすることに集中したほうが良いのですが、いろんなクルマを使ってみたい。そして実際に使ってみるとチューニングしたくなるのです。レースをクリアするにはどのクルマを使ってもいいわけですから楽しみながらやりましょう。

それと、ハンドリングが不安定になるコースはCLIFFS (REVERSE)です。逆回りのときが変。次男いわく「ステアリングコントロールの角度がずれるけれど、ずれ具合が決まっているから運転できないことはない」とのこと。

次男に手伝ってもらいながら、EXTENDED CHAMPIONSHIPをクリアしたのですが、楽しみにしていた「ROADSTAR」はてっきりオープンカーかと思ったらコレ(上から5枚目の画像)ですか。(がっかり)

あとは、ORIGINAL CHAMPIONSHIPが3分の1ほど残っています。フルチューンのクルマで走っていいるとお金が貯まります。新しいクルマを$15,000で買ってもいいけど(このゲームも終盤なので)チューンしている暇とお金がない。

ゲーム中、ハンドルコントローラ部分から指がずれるのは、厚紙を丸く切り抜いてiPad miniの角にはめるアタッチメントを作りました。指先の感触でハンドルコントローラの場所がわかるので、すこしは運転しやすくなります。指先に力が入りすぎるとアタッチメントがあってもどうしようもないので、できるだけ軽く操作するように心がけています。

これくらい手間取るといつもなら飽きているところ、わたしとしては珍しく最後まで走り抜く覚悟が続いています。

Mini Motor Racing HD App
カテゴリ: ゲーム
価格: ¥170

続きを読む "[iPad mini] Mini Motor Racing HD その後 3" »

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »