« [iPad mini] 「星座表」で360°プラネタリウム | トップページ | 空飛ぶ広報室 (有川浩) »

2012年12月29日 (土)

五龍世界 〜 霧廟に臥す龍 (壁井ユカコ)

「ウーロンワールド? 壁井ユカコって…えーと、大工さん?」 鶴舞図書館で気になってパラパラ繰っていると、なんだかアニメが目に浮かぶような軽妙な展開に惹かれ借り出してきました。

その昔、五匹の龍が戦い、重なり倒れてできたのが五龍大陸が舞台。口減らしのために親に捨てられた少女ユギが「高名で慈悲深い同道士様」もとい、やさぐれ道師のもとで見習いとして暮らす日々を描く中国風ファンタジー。ラノベっぽいけれど文庫じゃない。羽住都の表紙絵に330ページの厚さ。

龍人やら西域の異教徒やら式神やら鬼やら魔物やら、怪しい連中が総出演。15歳のユギは(育ちのせいで)女らしさに欠けていることを自分でも悩んでいます。それでも金儲け商売に長けていて、曲がったことが嫌いで一途な性格。なかなか愉快な少女です。というように、キャラは魅力的ですし、文章表現も面白いのですが、この本でなにを描きたかったのかが伝わってきません。ときどき緊張の糸が切れたような、ストーリーの密度が薄まる部分があるのも残念。続巻も出ているのですが、いまひとつ食指が動きません。

お勧め度:★★★☆☆

« [iPad mini] 「星座表」で360°プラネタリウム | トップページ | 空飛ぶ広報室 (有川浩) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事