« 雷桜 (宇江佐真理) | トップページ | 真夜中のパン屋さん 〜 午前2時の転校生 (大沼紀子) »

2012年12月17日 (月)

ルート350 (古田日出男)

『MUSIC』を面白そうだと思って手に取ったもののすぐに挫折。短編集ならイケるんじゃないかと『ルート350』を読んでみました。実によくしゃべる本です。活字のラップ。早口でしゃべるようにコトバが次々に飛んでくる。各話のラストには「そう来たか」とニヤつくくらいには面白いのだけど、そのリズムに乗り切れない自分がいるのです。

大学生の息子たちはノレるのかどうかに、興味があります。

お勧め度:★★☆☆☆

« 雷桜 (宇江佐真理) | トップページ | 真夜中のパン屋さん 〜 午前2時の転校生 (大沼紀子) »

現代小説」カテゴリの記事

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ