« 一瞬の風になれ 2 (佐藤多佳子) | トップページ | サマータイム (佐藤多佳子) »

2012年12月 5日 (水)

一瞬の風になれ 3 (佐藤多佳子)

サッカーから陸上に転向した新二はめきめきと力をつけ、いまでは部長に。連も体力がついてきて、かつてない4継メンバーが揃います。その一方で、恋愛禁止の陸上部にあっても、新二と谷口の淡い、とんちんかんな恋模様が描かれ、笑えます。いえ、失笑ではなく微笑ましいという意味。

あとがき代わりの座談会によると、取材に4年かけたとか。小説の内容よりも、まずその努力に敬意を表したいと思います。

走ることの苦しさよりも喜びを教えてくれた小説。絶賛する気分にはなれませんが、静かに、ほのぼのと「人間っていいなぁ」と思わせてくれました。

お勧め度:★★★★☆

« 一瞬の風になれ 2 (佐藤多佳子) | トップページ | サマータイム (佐藤多佳子) »

現代小説」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ